新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PS4コントローラーでRCサーボを動かそう——サーボ制御基板「ServoShock 2」

ソニーの「DUALSHOCK 4」コントローラーを使ってサーボモーター/デジタル出力が制御できる「ServoShock 2」がKickstarterに登場した。

photo

ServoShock 2は、サーボ×12、デジタル出力×18をPS4用コントローラーで制御できるサーボ制御基板だ。サーボモーターへの出力は、4つがジョイスティック、2つがトリガー、4つが2つのタッチパッド上のバーチャルジョイスティック、残りの2つがチルトセンサーにマッピングされ、デジタル出力はボタンとトリガーにマッピングされている。

サーボモーターやデジタル出力を扱うためのライブラリーは用意されており、方向、感度、移動リミット、不感帯域、ゼロ位置キャリブレーション、プッシュボタンモード、トグルモード、自動連射、トグル自動連射、シングルパルスの幅調整、出力反転などが設定できる。

photo

また、Arduino用ヘッダーが用意されており、装着することでServoShockをArduino Unoシールドとして利用できる。その場合ArduinoはSPI経由でDUALSHOCK 4を読み込むため、サーボモーターとデジタル出力をカスタマイズしたり自動化したりするスケッチも書ける。

詳細仕様は確認する必要があるが、写真を見る限り外部からの電源(DC5~17V程度)供給が必要で、駆動回路もシンプルなので接続は小型のサーボまで、大きい負荷を接続する場合は電源供給に少し工夫が必要だろう。

なおDUALSHOCK 4に加え、T.Flight HOTAS 4、3DConnexion SpaceExplorer/SpaceNavigator/SpaceMouse Wirelessなどのコントローラーもサポートする。

ServoShock 2は定価75ドル(約8300円)での提供を予定している。2018年2月から製品サンプルを世界各国に出荷を予定。製品の出荷予定は2018年4月以降となっている。日本への送料は別途14ドル(約1500円)が必要だ。

ServoShock 2はKickstarterで、2018年2月24日までクラウドファンディングを実施中。1月17日時点で、目標額5000ドル(約55万5000円)に対して約1600ドル(約17万8000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る