新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コインサイズの3軸ジャイロスコープセンサーモジュール「Iota V2」

コインサイズのジャイロスコープセンサーモジュール「Iota V2」がKickstarterに登場し、わずか18時間で目標額の調達に成功している。

photo

Iota V2は、サイズ25×25mmで重さ4グラムと、小型/軽量化を実現した3軸ジャイロセンサーモジュールだ。開発元によれば、DIYホビイストやロボティクス/エレクトロニクスを学ぶ学生向けに、FPVヘッドトラッキング、ロボティクス、ムーブメントコントロール、ビデオゲームなどへの用途を想定する。

photo 基板表面

コントローラーにATmega328Pを使用し、3軸ジャイロスコープセンサーの出力をX/Y/Z軸で取り出せる。基板の写真を見る限りいくつかのジャンパーを用意しており、モジュールの動きと逆方向にサーボを動かしてスタビライザーに活用できるよう反転出力も取り出せるようだ。

photo 裏面にリバースとPPM用のジャンパーを設ける

また、ラジコンの制御などに使われているPPM(Pulse Position Modulation)出力にも対応し、ジャンパーによりグラウンドとX端子間の出力を1chのPPMに変えることができる。他にはストロークのセンター出しができるスイッチや電源スイッチを備える。電源は3.7~5Vに対応する。

photo PMM出力もサポートする

Iota V2は、今なら予定小売価格から45%オフの22カナダドル(約1960円)で入手できる。2018年4月の出荷を予定しており、日本への送料は5カナダドル(約446円)だ。

Iota V2はKickstarterにて、2018年3月21日までクラウドファンディングを実施中。1月23日時点で、既に1000カナダドル(約8万9100円)の目標額を上回る2200カナダドル(約19万6000円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る