新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターの防音防臭に——組み立て式3Dプリンターカバー「box3d」

3Dプリンター用防音防臭カバー「box3d」が、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。

photo

box3dは、FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンターで使用するフィラメントが溶融する際に発生するヒューム(ガスや蒸気)や、造形中の騒音を室内に漏れないよう、3Dプリンターの上から被せて使う防音防臭用ボックス型カバーだ。

photo

上面には造形中に発生するヒュームを吸い出す排気ファンがあり、室外に排気するためのダクトや、有害物質を除去するHEPA/カーボンフィルターを装着することができる。壁面内部には防音材が貼られており、造形時の騒音を吸収してくれる。

photo

また、密閉型でない3Dプリンターでは、造形物が不均一に冷やされることでワーピング(変形)やクラッキングが発生することがあるが、box3dによって内部の温度を高く保つことができるため、造形品質を高める効果も期待できるという。

photo

「ultimaker 2/2+/3」などに適合する「box3d 350」と「MakerBot Replicator 2/2X」などに適合する「box3d 500」の2つのモデルがある。350の内寸(幅×奥行き×高さ)は350×490×580mm、500の内寸は500×560×580mmなので、使用する3Dプリンターに合わせて選択することになる。

box3dは組み立て式で、価格は350/500共に199ユーロ(約2万7000円)。49ユーロ(約6700円)の追加でHEPA/カーボンフィルター版に換えることができる。box3dの出荷は2018年3月の予定で、日本への送料は19ユーロ(約2600円)だ。

box3dは2018年3月3日までクラウドファンディングを実施するが、2018年2月2日時点で目標の5000ユーロ(約70万円)を既に達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る