新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光と音楽で良質な睡眠をサポート——スマート安眠マスク「Dreamlight」

スマート安眠マスク「Dreamlight」がINDIEGOGOに登場した。

photo

Dreamlightは一般的なアイマスクとは異なり、敏感な眼や頬を圧迫しないよう頭部をゆったりとカバーする大型のデザインで、内蔵するライトと4スピーカーからのサウンドとで、快適な睡眠導入や起床をサポートする。

photo

睡眠への導入には、マスクの内側のランプがオレンジ色に点滅するのに合わせて深呼吸をすることで、筋肉の弛緩を促し、快適な睡眠に導くという。睡眠導入をサポートする音楽も複数用意され、自然の音や白色ノイズなど睡眠に良いとされる音源を提供する。音響はバイノーラル手法の録音が採用され、脳で処理される自然な音響に近い音が聞こえるという。

photo

本体には心拍センサーとジャイロスコープを搭載しており、スマートフォン対応のアプリケーションで睡眠中の体の動きなどを記録し、より良い睡眠のためのアドバイスを提供する。さらに、睡眠中に赤外線を照射し、目の周りの血行を改善する美容機能も備える。

photo

起床時はアラーム音ではなく、目に届く光が徐々に強くなっていき、自然な覚醒を促す。また、睡眠が不規則になりやすい長距離フライト時の時差ボケを低減するよう、事前に目的地の時差を調整し体が慣れるようにする睡眠時間をコントロールする機能もある。

photo

Dreamlightは定価284ドル(約3万円)のところ、INDIEGOGO上では早期キャンペーンとして199ドル(約2万1400円)で提供する。製品の出荷予定は2018年4月以降で、日本への送料は別途15ドル(約1600円)が必要だ。

INDIEGOGOでの目標額の3万ドル(約323万円)に対し2月14日時点で、約2万6000ドル(約226万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る