新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光と音楽で良質な睡眠をサポート——スマート安眠マスク「Dreamlight」

スマート安眠マスク「Dreamlight」がINDIEGOGOに登場した。

photo

Dreamlightは一般的なアイマスクとは異なり、敏感な眼や頬を圧迫しないよう頭部をゆったりとカバーする大型のデザインで、内蔵するライトと4スピーカーからのサウンドとで、快適な睡眠導入や起床をサポートする。

photo

睡眠への導入には、マスクの内側のランプがオレンジ色に点滅するのに合わせて深呼吸をすることで、筋肉の弛緩を促し、快適な睡眠に導くという。睡眠導入をサポートする音楽も複数用意され、自然の音や白色ノイズなど睡眠に良いとされる音源を提供する。音響はバイノーラル手法の録音が採用され、脳で処理される自然な音響に近い音が聞こえるという。

photo

本体には心拍センサーとジャイロスコープを搭載しており、スマートフォン対応のアプリケーションで睡眠中の体の動きなどを記録し、より良い睡眠のためのアドバイスを提供する。さらに、睡眠中に赤外線を照射し、目の周りの血行を改善する美容機能も備える。

photo

起床時はアラーム音ではなく、目に届く光が徐々に強くなっていき、自然な覚醒を促す。また、睡眠が不規則になりやすい長距離フライト時の時差ボケを低減するよう、事前に目的地の時差を調整し体が慣れるようにする睡眠時間をコントロールする機能もある。

photo

Dreamlightは定価284ドル(約3万円)のところ、INDIEGOGO上では早期キャンペーンとして199ドル(約2万1400円)で提供する。製品の出荷予定は2018年4月以降で、日本への送料は別途15ドル(約1600円)が必要だ。

INDIEGOGOでの目標額の3万ドル(約323万円)に対し2月14日時点で、約2万6000ドル(約226万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る