新しいものづくりがわかるメディア

RSS


40%軽量化、引張強度は超々ジュラルミンの2倍以上——Bugatti、3Dプリンターでチタン製ブレーキキャリパーを製造

フランスの自動車メーカーBugattiは2018年1月、3Dプリンターを使って製造したチタン製ブレーキキャリパーを披露した。同部品の量産化に向けた車両試験を、2018年上半期にも開始する計画だ。

同部品のサイズは、3Dプリンターで製造したチタン製機能部品としては世界最大とうたう410×210×136mm。重さは2.9kgとなる。現在、主に用いられているアルミを使って製造すると4.9kgであり、40%ほど軽量化したことになる。

さらにチタン製ブレーキキャリパーの引張強度は1250N/mm2にも達する。アルミ合金の中でも、航空機やレーシングカーなどに使われる超々ジュラルミンの引張強度の代表値は、おおむね600前後となることから、2倍以上の引張強度を誇ることになる。

チタンは軽量・高強度ではあるものの、高価で難加工の材料だ。BugattiはドイツのLaser Zentrum Nordと共同研究を進め、最高性能クラスの3Dプリンターを使用して、ブレーキキャリパーを製造する手法を編み出した。

同部品を3Dプリンターで製造するのにかかる所要時間は、延べ45時間に及ぶ。4基のレーザーで初期温度700℃にまで加熱してチタン粉末を融かし、2213ものレイヤーを形成。このブレーキキャリパーを形作った。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  2. ラズパイでラジオを聴取——インプレスR&D、「ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル」発刊へ
  3. 最大5軸の制御に対応するCNCコントローラー「Super Gerbil」
  4. Raspberry Pi 3にHATサイズのA+が登場——「Raspberry Pi 3 Model A+」
  5. ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第5版」発刊
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない 自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【1】
  8. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  9. シャフトドライブ、ノーパンクタイヤなどを採用——メンテナンスフリー自転車「Rich」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る