新しいものづくりがわかるメディア

RSS


40%軽量化、引張強度は超々ジュラルミンの2倍以上——Bugatti、3Dプリンターでチタン製ブレーキキャリパーを製造

フランスの自動車メーカーBugattiは2018年1月、3Dプリンターを使って製造したチタン製ブレーキキャリパーを披露した。同部品の量産化に向けた車両試験を、2018年上半期にも開始する計画だ。

同部品のサイズは、3Dプリンターで製造したチタン製機能部品としては世界最大とうたう410×210×136mm。重さは2.9kgとなる。現在、主に用いられているアルミを使って製造すると4.9kgであり、40%ほど軽量化したことになる。

さらにチタン製ブレーキキャリパーの引張強度は1250N/mm2にも達する。アルミ合金の中でも、航空機やレーシングカーなどに使われる超々ジュラルミンの引張強度の代表値は、おおむね600前後となることから、2倍以上の引張強度を誇ることになる。

チタンは軽量・高強度ではあるものの、高価で難加工の材料だ。BugattiはドイツのLaser Zentrum Nordと共同研究を進め、最高性能クラスの3Dプリンターを使用して、ブレーキキャリパーを製造する手法を編み出した。

同部品を3Dプリンターで製造するのにかかる所要時間は、延べ45時間に及ぶ。4基のレーザーで初期温度700℃にまで加熱してチタン粉末を融かし、2213ものレイヤーを形成。このブレーキキャリパーを形作った。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る