新しいものづくりがわかるメディア

RSS


40%軽量化、引張強度は超々ジュラルミンの2倍以上——Bugatti、3Dプリンターでチタン製ブレーキキャリパーを製造

フランスの自動車メーカーBugattiは2018年1月、3Dプリンターを使って製造したチタン製ブレーキキャリパーを披露した。同部品の量産化に向けた車両試験を、2018年上半期にも開始する計画だ。

同部品のサイズは、3Dプリンターで製造したチタン製機能部品としては世界最大とうたう410×210×136mm。重さは2.9kgとなる。現在、主に用いられているアルミを使って製造すると4.9kgであり、40%ほど軽量化したことになる。

さらにチタン製ブレーキキャリパーの引張強度は1250N/mm2にも達する。アルミ合金の中でも、航空機やレーシングカーなどに使われる超々ジュラルミンの引張強度の代表値は、おおむね600前後となることから、2倍以上の引張強度を誇ることになる。

チタンは軽量・高強度ではあるものの、高価で難加工の材料だ。BugattiはドイツのLaser Zentrum Nordと共同研究を進め、最高性能クラスの3Dプリンターを使用して、ブレーキキャリパーを製造する手法を編み出した。

同部品を3Dプリンターで製造するのにかかる所要時間は、延べ45時間に及ぶ。4基のレーザーで初期温度700℃にまで加熱してチタン粉末を融かし、2213ものレイヤーを形成。このブレーキキャリパーを形作った。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る