新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オーム社、「SLAM入門 ロボットの自己位置推定と地図構築の技術」発刊

オーム社は、ロボットの自律走行やドローンの自律飛行の鍵となるSLAM(Simultaneously Localization and Mapping)技術を解説した入門書「SLAM入門 ロボットの自己位置推定と地図構築の技術」を発刊した。

センサーなどから取得した情報から地図作成と自己位置推定を同時に行うSLAMは、車の自動運転やドローンの自律飛行、ロボットの環境認識などにおいて重要な基盤技術となっている。しかしさまざまな基礎理論の上に成り立っているために、初学者にとってアプローチするのが難しいという。

本書では、プログラムを作りながら考え、必要に応じて基礎に立ち返るスタイルを採用。まずは簡単な部品を作って、うまくいかなかった場合にその原因を分析して対応するという手順で、段階的に理解を深めることができるような工夫がされている。ロボット開発者や技術者、また大学や高専の学生などを主な対象としている。

著者は友納正裕氏、B5変形版226ページで定価が2916円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向けpHATサイズ拡張基板「ゼロワン」第4弾4製品を発売へ
  3. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  4. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  5. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  9. 陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る