新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オーム社、「SLAM入門 ロボットの自己位置推定と地図構築の技術」発刊

オーム社は、ロボットの自律走行やドローンの自律飛行の鍵となるSLAM(Simultaneously Localization and Mapping)技術を解説した入門書「SLAM入門 ロボットの自己位置推定と地図構築の技術」を発刊した。

センサーなどから取得した情報から地図作成と自己位置推定を同時に行うSLAMは、車の自動運転やドローンの自律飛行、ロボットの環境認識などにおいて重要な基盤技術となっている。しかしさまざまな基礎理論の上に成り立っているために、初学者にとってアプローチするのが難しいという。

本書では、プログラムを作りながら考え、必要に応じて基礎に立ち返るスタイルを採用。まずは簡単な部品を作って、うまくいかなかった場合にその原因を分析して対応するという手順で、段階的に理解を深めることができるような工夫がされている。ロボット開発者や技術者、また大学や高専の学生などを主な対象としている。

著者は友納正裕氏、B5変形版226ページで定価が2916円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  6. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  7. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  8. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  9. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る