新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、Bluetooth/IEEE802.15.4のマルチプロトコル対応32bitマイコン「STM32WB」発表

STマイクロエレクトロニクスは、2つのArm Cortex-Mプロセッサーを搭載し、Bluetooth 5とIEEE 802.15.4のマルチプロトコルに対応した32bitマイクロコントローラー「STM32WB」を発表した。

photo

STM32WBは、メインアプリケーション処理用にCortex-M4プロセッサー、無線通信用にCortex-M0+プロセッサーを搭載。メインアプリケーション実行に負荷をかけることなく、ネットワーク処理の両方をリアルタイムで同時実行できる。

通信用にCortex-M0+を備えたことで、Bluetooth 5およびIEEE 802.15.4によるリアルタイム動作が可能になり、IEEE 802.15.4の物理レイヤーをベースとするOpenThreadやZigBeeに加えて独自の無線プロトコルも実行できるため、IoT機器の接続方式の選択肢を増やすことができる。また1チップバランを内蔵しているので部品数の削減にも有効だ。

その他にも、データや知的財産の保護に必要なユーザキーストレージや、公開鍵認証のための楕円曲線暗号エンジン、またAES 256bit暗号のハードウェアサポートなどのセキュリティ強化機能も搭載する。

UQFN(48ピン)、VQFN(68ピン)、WLCSP(100ピン)の各種パッケージで提供され、汎用I/O(GPIO)は最大72個まで使用できる。それぞれ、256KB Flash/128KB RAM、512KB Flash/256KB RAM、1MB Flash/256KB RAMの3種類のメモリー構成から選択可能だ。2018年第1四半期にサンプル出荷を開始する予定で、大量購入時の単価は約1.56ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  5. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  6. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  10. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る