新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、Bluetooth/IEEE802.15.4のマルチプロトコル対応32bitマイコン「STM32WB」発表

STマイクロエレクトロニクスは、2つのArm Cortex-Mプロセッサーを搭載し、Bluetooth 5とIEEE 802.15.4のマルチプロトコルに対応した32bitマイクロコントローラー「STM32WB」を発表した。

photo

STM32WBは、メインアプリケーション処理用にCortex-M4プロセッサー、無線通信用にCortex-M0+プロセッサーを搭載。メインアプリケーション実行に負荷をかけることなく、ネットワーク処理の両方をリアルタイムで同時実行できる。

通信用にCortex-M0+を備えたことで、Bluetooth 5およびIEEE 802.15.4によるリアルタイム動作が可能になり、IEEE 802.15.4の物理レイヤーをベースとするOpenThreadやZigBeeに加えて独自の無線プロトコルも実行できるため、IoT機器の接続方式の選択肢を増やすことができる。また1チップバランを内蔵しているので部品数の削減にも有効だ。

その他にも、データや知的財産の保護に必要なユーザキーストレージや、公開鍵認証のための楕円曲線暗号エンジン、またAES 256bit暗号のハードウェアサポートなどのセキュリティ強化機能も搭載する。

UQFN(48ピン)、VQFN(68ピン)、WLCSP(100ピン)の各種パッケージで提供され、汎用I/O(GPIO)は最大72個まで使用できる。それぞれ、256KB Flash/128KB RAM、512KB Flash/256KB RAM、1MB Flash/256KB RAMの3種類のメモリー構成から選択可能だ。2018年第1四半期にサンプル出荷を開始する予定で、大量購入時の単価は約1.56ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  6. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  9. STM32マイコンのプログラミングを簡略化——ST、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェアを発表
  10. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る