新しいものづくりがわかるメディア

RSS


京都西院に、ものづくりスペース「京都LiQビル」オープン

金属部品メーカーのキャステムは京都西院に、ものづくりスペース「京都LiQビル」をオープンする。

photo

京都LiQビルは、高精度の計測や解析、高解像度の3Dデータ化が可能なニコンインステックの計測用CTシステム「MCT225」を導入。その他にも高性能デスクトップ3Dプリンターを複数台設置している。

3Dプリンターによる造形サービスを受け付けている他、同社の本業であるロストワックス精密鋳造技術による金属製品の試作も可能だ。

photo

さらに、学生やデザイナーなどにスペースを開放することで、付加価値の高い製品の企画開発を進めたり、京都の伝統とデジタル技術を活かしたものづくりに挑戦するという。

所在地は京都府京都市右京西院平町22。2018年3月26日にオープンの予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る