新しいものづくりがわかるメディア

RSS


京都西院に、ものづくりスペース「京都LiQビル」オープン

金属部品メーカーのキャステムは京都西院に、ものづくりスペース「京都LiQビル」をオープンする。

photo

京都LiQビルは、高精度の計測や解析、高解像度の3Dデータ化が可能なニコンインステックの計測用CTシステム「MCT225」を導入。その他にも高性能デスクトップ3Dプリンターを複数台設置している。

3Dプリンターによる造形サービスを受け付けている他、同社の本業であるロストワックス精密鋳造技術による金属製品の試作も可能だ。

photo

さらに、学生やデザイナーなどにスペースを開放することで、付加価値の高い製品の企画開発を進めたり、京都の伝統とデジタル技術を活かしたものづくりに挑戦するという。

所在地は京都府京都市右京西院平町22。2018年3月26日にオープンの予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  6. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  7. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  8. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  9. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る