新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プローブだけで簡単測定——Bluetooth対応マルチメーター「Vion」

Bluetooth対応マルチメーター「Vion」がKickstarterに登場し、人気を集めている。キャンペーン開始後わずか18時間で、目標額の調達に成功している。

photo

Vionは、1対のプローブを当てるだけで電圧(DC/AC)や抵抗などオートレンジで計測するテスターだ。測定結果はBluetoothを経由してスマートフォンアプリで表示し、音声ガイドもサポートする。

誰でも簡単に使えることがコンセプトで、一般的なマルチメーターのようにプローブの赤(+)黒(ー)を区別する必要もなく、計測レンジを設定する必要もない。すべてオートレンジで測定でき、ワイヤレスでスマートフォンに継続結果が飛ばせるので、高い場所や狭い場所でもプローブだけ持って測定すればよい。

photo

例えば電池を測定すると、Goodとともに「1.5ボルト電池 ほぼフルチャージ」のような良否判定表示もできる。測定ステータスは、グリップ先端のレッド/グリーン/ブルーのLED表示で知らせてくれる。レッドは直流、ブルーは交流、グリーンは抵抗(断線/ショート)、ブルーの点滅はBluetooth接続の待機状態を表す。アプリは、多言語(英語/スペイン語/フランス語/日本語)に対応する。

photo

プローブのピンの長さは20mm、グリップの長さは140mm、プローブ間のカールコードの長さは140mmで1mまで伸びる。グリップには充電用のUSBポートを備え、充電中はオレンジのLEDが点灯する。

photo

Vionの予定小売価格は60ドル(約6400円)で、今なら早割価格50ドル(約5300円)で入手できる。本体の他、USBケーブル、アリゲータークリップ×1、2㎜スペアヒューズ、プローブチップ×1ペアが付属する。出荷は2018年6月を予定しており、日本への送料は10ドル(約1060円)だ。

photo

VionはKickstarterにて、2018年4月27日までクラウドファンディングを実施中。3月16日時点で、1万ドル(約106万円)の目標額を上回る約2万ドル(約212万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る