新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piがメディアセンターになる——Kodiリモコン対応電源スイッチ「Hackable Raspberry Pi Switch HAT」

Raspberry Piの電源を安全に落とせる電源スイッチに、Kodiメディアセンター機能を搭載した「Hackable Raspberry Pi Switch HAT」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

Hackable Raspberry Pi Switch HATは、Raspberry Piのプログラマブルシャットダウンが可能な前モデル「Hackable Raspberry Pi Power Switch」に、メディアセンターアプリケーション「Kodi」サポートを追加した新型だ。

photo

前モデル同様オンボードMCUにはATtiny85を採用し、新たにI2Cポート×3を搭載。オプションで解像度128×64の0.96インチ有機ELディスプレイ、温湿度センサー「SHT31」、圧力センサー「BMP180」を用意している。

また、gitbubで以下のサンプルコードを公開している。ATtiny85用ソフトウェアとシャットダウンスクリプトはオープンソースだ。

  • オンボードATtiny85MCUのArduinoソース
  • リモコンの赤外線信号を読むためのLIRC/Pythonサンプル
  • GPIOのLEDをコントロールするためのPythonサンプル
  • 有機ELディスプレイ用のPythonサンプル
  • 温湿度/圧力センサー用のPythonサンプル
photo

Hackable Raspberry Pi Switch HATは、数量限定の早割価格130香港ドル(約1800円)で、有機ELディスプレイ付きは190香港ドル(約2600円)で提供する。いずれもジェネリックかマルチメディア対応リモコンが付属するが、Raspberry Piは含まれない。どちらも出荷は2018年4月を予定しており、日本への送料は60香港ドル(約810円)だ。

photo

Hackable Raspberry Pi Switch HATはKickstarterにて、2018年4月13日までクラウドファンディングを実施中。3月15日時点で、1万5000香港ドル(約20万円)の目標額を上回る約1万7000香港ドル(約23万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  7. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る