新しいものづくりがわかるメディア

RSS


まるで月面のように跳躍力を拡張する——バックパック型マルチローター「Lunavity」

東京大学大学院情報学環の暦本研究室は、米テキサス州オースティンで開催中のSXSW2018(South by Southwest:サウスバイサウスウエスト)にて、 バックパック型マルチローター「Lunavity」を発表した。

photo

Lunavityは、人が背負うように装着するバックパック型のデバイスだ。本体上部の円周上に多数のローターを配置し、装着者の動作に合わせて浮遊力を発生させることで、通常のジャンプの動きを変えることなく跳躍力を2~3倍に高めることができる。

Lunavityは、暦本研究室の学生らが中心となって研究を進めているという。プロジェクトマネジャーで修士課程2年生の髙橋 卓巳氏は、公開された動画の中で、人間の身体能力を拡張するLunavityは、「ハンディキャップを克服するだけでなく、人間にとってまったく新しい能力を獲得するためのものだ」と、その狙いを説明している。

photo
photo

跳躍力が拡張されることで、まったく新しいスポーツが考案されたり、道路を横断するときも横断歩道は不要になる。ビルのエントランスを1Fに設ける必要もない。車椅子も不要になり、バリアフリーという概念すら変えてしまうかもしれない。

高橋氏は、「Lunavityの研究は、私たちを未来へとジャンプさせてくれます」と語っている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る