新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日韓の国境を超える——CAMPFIRE、韓国でのクラウドファンディング向けサポートを開始

クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営するCAMPFIREが、韓国でのクラウドファンディング向けのサポート開始を発表した。韓国の魅力的な製品や文化を日本に伝え、日本で反響の大きかった製品を韓国に広めることで、クラウドファンディング市場を活性化し、日韓の市場の橋渡し役になるという。

同社では、日本でのクラウドファンディング市場の拡大と、韓国出身スタッフの入社をきっかけに、日韓を中心とした流通/ライセンス業務を手がけるCOCOAと業務提携契約を締結。CAMPFIREを運営する中で培ったノウハウを活かして、日韓の国境を超えたサポートを開始する。

同時に、韓国でのスポーツやエンターテインメントなどを扱う「日刊新聞スポーツソウル」、モデルのデータベースを有するキャスティング会社「READY ENTERTAINMENT」、ファッションやデジタル文化コンテンツなど高付加価値の産業を育成するソウル市の支援機関「SBA」、韓国最大級の仮想通貨取引所「bithumb」の大株主である「omnitel」、韓国を代表するスタートアップ専門メディア「VENTURE SQUARE」の5社とパートナーシップを結ぶ。

サポート開始から2カ月間で10件のプロジェクトの実施が決定しており、2019年には韓国市場単体での流通総額10億円を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る