新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートウェア、トランスミッターを月額課金で提供へ——ウェアラブルIoTサービス「hamon」

ミツフジは、同社のウェアラブルIoTブランドの「hamon」について、これまでウェア1着や電子デバイス1個あたりの価格で販売していたものを、2018年5月22日から、ウェアやデバイスを含め1ユーザーあたりの月額価格で販売すると発表した。

hamonは、心拍、筋電などの生体情報をスマートウェア(シャツ)で取得して、トランスミッターでスマートフォンに送ってモニターし、さらにクラウドで管理/解析できるシステムで、同社が全て自社開発したものだ。

今回発表された新サービスモデルは、主に法人に向け、シャツ年間6枚(半年ごとに3枚提供)、トランスミッター1台およびシステム利用料を含んで、1ユーザーあたり月額5000円(予定)で提供する。システム開発が発生する場合は、別途費用が必要となる。

個人向けには、月額980円でのサービス実施を目指し、2018年後半のサービス開始を予定しているという。

今回の販売モデル変更に伴い、同社では販売代理店プログラムも導入。セールスコンテンツの提供や製品トレーニング、共同マーケティングの実施などのプログラムを用意する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る