新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートウェア、トランスミッターを月額課金で提供へ——ウェアラブルIoTサービス「hamon」

ミツフジは、同社のウェアラブルIoTブランドの「hamon」について、これまでウェア1着や電子デバイス1個あたりの価格で販売していたものを、2018年5月22日から、ウェアやデバイスを含め1ユーザーあたりの月額価格で販売すると発表した。

hamonは、心拍、筋電などの生体情報をスマートウェア(シャツ)で取得して、トランスミッターでスマートフォンに送ってモニターし、さらにクラウドで管理/解析できるシステムで、同社が全て自社開発したものだ。

今回発表された新サービスモデルは、主に法人に向け、シャツ年間6枚(半年ごとに3枚提供)、トランスミッター1台およびシステム利用料を含んで、1ユーザーあたり月額5000円(予定)で提供する。システム開発が発生する場合は、別途費用が必要となる。

個人向けには、月額980円でのサービス実施を目指し、2018年後半のサービス開始を予定しているという。

今回の販売モデル変更に伴い、同社では販売代理店プログラムも導入。セールスコンテンツの提供や製品トレーニング、共同マーケティングの実施などのプログラムを用意する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る