新しいものづくりがわかるメディア

RSS


千葉県の中高生チーム「SAKURA Tempesta」、国際ロボコン「FRC」世界大会出場決定

千葉県の中高生チーム「SAKURA Tempesta(サクラテンペスタ)」が、国際ロボティクス大会「FRC(FIRST Robotics Competition)」の世界大会出場を決めた。

SAKURA Tempestaは、アメリカの高校生向けロボコン大会FRCに挑戦することを目的とした、主に千葉県内の高校生、中学生によって構成されるFRCチームだ。

FRCは、アメリカのNPO「FIRST:For Inspiration and Recognition of Science and Technology」が提供している中学3年生から高校3年生までを対象としたプログラムの一つ。毎年新たに決められるテーマに沿ったロボットを作製し、大会を通じ他のチームと共に切磋琢磨していくというもので、27カ国以上の国から3647チーム、9万1000人以上の学生が参加するという大規模な大会だ。

SAKURA Tempestaは、2018年3月21~25日にホノルルで開催されたハワイ地区大会「FRC Hawaii Regional」で参加チーム全37チームのうち10位と健闘し、Rookie All Star Awardを獲得。2018年4月末にデトロイトで開催される世界大会に出場することになった。また、チームではHighest Rookie Seed Awardを受賞、個人ではチームキャプテンの中嶋花音さんがDean’s Listのファイナリストに選ばれている。

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る