新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エッジコンピューティングでAIを実現——FPGAによるディープラーニング実装の実証実験を発表

豆蔵ホールディングスは2018年4月2日、同社の事業会社オープンストリームと電気通信大学の研究チームがFPGAによるディープラーニングの実装についての研究および実証実験を実施し、その結果を論文として公開したと発表した。

現在ディープラーニングなどのAI技術の実装はクラウド型技術が先行しているが、クラウド型のみにAI機能が偏ると、通信量やデータ容量の増大、処理遅延によるリアルタイム性の低下、システムの信頼性や頑健性の低下、電力消費の増大などの問題が発生する。それらの問題を解決するための方法として、近年「エッジコンピューティング」が注目されている。

同研究チームは、AI用途の高度な計算も可能にする技術としてFPGAに注目。FPGAによるエッジでのAI機能の実現を目指して、FPGAを用いたディープラーニングのPoC実証実験(コンセプト検証)開発を実施し、その結果を米国コーネル大学が運営する論文投稿サイト「arXiv.org」で発表した。

同論文によると、今回の研究では、まず演算規模を縮小化するため『バイナリ化ニューラルネット』手法を適用したGANモデル『B-DCGAN』を考案し、その性質の検証を実施。次に、このB-DCGANをXilinxのZynq-7000型FPGA上に実装する手法を開発し、実際に必要な回路規模、メモリー容量などを検証した。この結果、低コストのエントリモデルFPGAでも実装可能であることが確認できたという。

オープンストリームでは、今回の研究を通じて基本的なFPGA開発技術を獲得し、同時にディープラーニングのニューラルネット処理もFPGA化が可能であることが実証できたとしている。今後はFPGA開発技術をさらに発展させ、画像や音声の認識や生成、スマートホームや異常検知などのAI系アプリケーション、ハードウェア暗号処理などのFinTech関連アプリケーションなどへのPFGA技術の適用拡大を図るという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る