新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エッジコンピューティングでAIを実現——FPGAによるディープラーニング実装の実証実験を発表

豆蔵ホールディングスは2018年4月2日、同社の事業会社オープンストリームと電気通信大学の研究チームがFPGAによるディープラーニングの実装についての研究および実証実験を実施し、その結果を論文として公開したと発表した。

現在ディープラーニングなどのAI技術の実装はクラウド型技術が先行しているが、クラウド型のみにAI機能が偏ると、通信量やデータ容量の増大、処理遅延によるリアルタイム性の低下、システムの信頼性や頑健性の低下、電力消費の増大などの問題が発生する。それらの問題を解決するための方法として、近年「エッジコンピューティング」が注目されている。

同研究チームは、AI用途の高度な計算も可能にする技術としてFPGAに注目。FPGAによるエッジでのAI機能の実現を目指して、FPGAを用いたディープラーニングのPoC実証実験(コンセプト検証)開発を実施し、その結果を米国コーネル大学が運営する論文投稿サイト「arXiv.org」で発表した。

同論文によると、今回の研究では、まず演算規模を縮小化するため『バイナリ化ニューラルネット』手法を適用したGANモデル『B-DCGAN』を考案し、その性質の検証を実施。次に、このB-DCGANをXilinxのZynq-7000型FPGA上に実装する手法を開発し、実際に必要な回路規模、メモリー容量などを検証した。この結果、低コストのエントリモデルFPGAでも実装可能であることが確認できたという。

オープンストリームでは、今回の研究を通じて基本的なFPGA開発技術を獲得し、同時にディープラーニングのニューラルネット処理もFPGA化が可能であることが実証できたとしている。今後はFPGA開発技術をさらに発展させ、画像や音声の認識や生成、スマートホームや異常検知などのAI系アプリケーション、ハードウェア暗号処理などのFinTech関連アプリケーションなどへのPFGA技術の適用拡大を図るという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  2. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  5. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化
  10. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る