新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「ジェームズ ダイソン アワード 2018」過去最多となる27の国と地域で開催

ジェームズダイソン財団は、同財団主催の国際エンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード 2018」の募集を開始した。

同アワードの課題は「問題を解決するアイデア」。エンジニアリング/デザインを学ぶ学生や卒業生にとって、世界を舞台に自らのアイデアを発表できる機会との位置づけだ。 国際最優秀賞作品には賞金3万ポンド(約450万円)、準優秀賞2作品には賞金5000ポンド(約75万円)、国内最優秀賞の1作品には賞金2000ポンド(約30万円)が贈られる。

募集締め切りは2018年7月20日だ。今年からメキシコ/アラブ首長国連邦/スウェーデン/フィリピンが参加し、世界27の国/地域から応募を受け付ける。

EcoHelmet

昨年の国際最優秀賞は、低コストのメラノーマ早期発見用機器「sKan」が受賞。2016年は、リサイクル可能な折りたたみ式の紙製ヘルメット「EcoHelmet」が受賞している。

SuKnee

また、昨年の国内最優秀賞は電動義足「SuKnee」が受賞し、国際TOP20にも選出された。 生体メカニズムに基づくアクチュエーターを開発/融合した電動アシスト機能を備えており、膝の伸展や屈曲、椅子からの起立、階段の昇降などの動作をアシストしてくれる。 ジェームズ ダイソン アワード受賞後、現在は試作品のバージョンアップに向けて開発に注力している段階だという。

排泄センサー Helppad

国内受賞作品として製品化を予定しているのは、ジェームズ ダイソン アワード 2015で国際TOP20を受賞した学習機能搭載/排泄検知シートだ。これはシート全体から空気を吸い込むことで排泄物の臭いを吸引し、排泄を検知して介護者に知らせるというもの。 ジェームズ ダイソン アワード受賞後は事業化を促進させ、今年上半期に「排泄センサー Helppad」の製品名で発売を予定している。

Voltera V-One

2015年に国際最優秀賞を受賞したのは、プリント基板(PCB)の開発機器である「Voltera V-One」だ。ラピッドプロトタイピング原理の応用により、数分でデザインファイルからプロトタイプ基板を制作できる。

2014年の国際最優秀賞は「MOM」が受賞。発展途上地域向けの低コストの空気注入式保育器で、移動時は折り畳め、停電時はバッテリーで24時間利用できる。 手動で膨らませることができ、暖房にはセラミック発熱体を使用。スクリーンに現在の温度と湿度が表示され、妊娠期間に応じて設定できる。現在は、製品化に向けての準備段階だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る