新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全長3m級に人体を拡張——人体機能拡張ギア「スケルトニクス」のオーダーメイド開発を開始

外骨格ロボットを開発/製造するスケルトニクスは、現在製造販売している搭乗型の人体機能拡張ギア「スケルトニクス」を一般向けにオーダーメイドで開発するサービスを2018年4月7日に開始する。外装デザインを含め、自分好みのギアを制作できる。納期は3カ月〜、予算は1000万円(税抜)〜だ。

スケルトニクスは、電気を使わずに、三次元の閉リンク構造によるメカニカルな仕組みによって、装着者の手足の動きがダイレクトに反映された自由度の高い身体動作を可能にする人体機能拡張ギアだ。

全長3m級のギアを装着すると、身体全体が1.5〜2倍に拡張された巨人になったかのような感覚を味わうことができる。5本の指まで正確に動かすことができるため、普段見えない景色や届かない場所にもアクセスできる。また巨大な体にもかかわらず機敏な作動が可能だ。

テーマパーク向けモデル

初号機は同社が2011年に開発。これまで、テーマパーク向けのモデルや、カラーバリエーションモデル、アーティストとのデザインコラボレーションモデルなどを開発してきた。また、さまざまなイベントや展示会に登場するなど、主にエンターテインメント領域を中心に活動している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る