新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全長3m級に人体を拡張——人体機能拡張ギア「スケルトニクス」のオーダーメイド開発を開始

外骨格ロボットを開発/製造するスケルトニクスは、現在製造販売している搭乗型の人体機能拡張ギア「スケルトニクス」を一般向けにオーダーメイドで開発するサービスを2018年4月7日に開始する。外装デザインを含め、自分好みのギアを制作できる。納期は3カ月〜、予算は1000万円(税抜)〜だ。

スケルトニクスは、電気を使わずに、三次元の閉リンク構造によるメカニカルな仕組みによって、装着者の手足の動きがダイレクトに反映された自由度の高い身体動作を可能にする人体機能拡張ギアだ。

全長3m級のギアを装着すると、身体全体が1.5〜2倍に拡張された巨人になったかのような感覚を味わうことができる。5本の指まで正確に動かすことができるため、普段見えない景色や届かない場所にもアクセスできる。また巨大な体にもかかわらず機敏な作動が可能だ。

テーマパーク向けモデル

初号機は同社が2011年に開発。これまで、テーマパーク向けのモデルや、カラーバリエーションモデル、アーティストとのデザインコラボレーションモデルなどを開発してきた。また、さまざまなイベントや展示会に登場するなど、主にエンターテインメント領域を中心に活動している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る