新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全長3m級に人体を拡張——人体機能拡張ギア「スケルトニクス」のオーダーメイド開発を開始

外骨格ロボットを開発/製造するスケルトニクスは、現在製造販売している搭乗型の人体機能拡張ギア「スケルトニクス」を一般向けにオーダーメイドで開発するサービスを2018年4月7日に開始する。外装デザインを含め、自分好みのギアを制作できる。納期は3カ月〜、予算は1000万円(税抜)〜だ。

スケルトニクスは、電気を使わずに、三次元の閉リンク構造によるメカニカルな仕組みによって、装着者の手足の動きがダイレクトに反映された自由度の高い身体動作を可能にする人体機能拡張ギアだ。

全長3m級のギアを装着すると、身体全体が1.5〜2倍に拡張された巨人になったかのような感覚を味わうことができる。5本の指まで正確に動かすことができるため、普段見えない景色や届かない場所にもアクセスできる。また巨大な体にもかかわらず機敏な作動が可能だ。

テーマパーク向けモデル

初号機は同社が2011年に開発。これまで、テーマパーク向けのモデルや、カラーバリエーションモデル、アーティストとのデザインコラボレーションモデルなどを開発してきた。また、さまざまなイベントや展示会に登場するなど、主にエンターテインメント領域を中心に活動している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  4. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  5. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 断面の角度設定や円形切り出しも可能——万能カッターツール「Perfect Cut」
  10. グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る