新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全長3m級に人体を拡張——人体機能拡張ギア「スケルトニクス」のオーダーメイド開発を開始

外骨格ロボットを開発/製造するスケルトニクスは、現在製造販売している搭乗型の人体機能拡張ギア「スケルトニクス」を一般向けにオーダーメイドで開発するサービスを2018年4月7日に開始する。外装デザインを含め、自分好みのギアを制作できる。納期は3カ月〜、予算は1000万円(税抜)〜だ。

スケルトニクスは、電気を使わずに、三次元の閉リンク構造によるメカニカルな仕組みによって、装着者の手足の動きがダイレクトに反映された自由度の高い身体動作を可能にする人体機能拡張ギアだ。

全長3m級のギアを装着すると、身体全体が1.5〜2倍に拡張された巨人になったかのような感覚を味わうことができる。5本の指まで正確に動かすことができるため、普段見えない景色や届かない場所にもアクセスできる。また巨大な体にもかかわらず機敏な作動が可能だ。

テーマパーク向けモデル

初号機は同社が2011年に開発。これまで、テーマパーク向けのモデルや、カラーバリエーションモデル、アーティストとのデザインコラボレーションモデルなどを開発してきた。また、さまざまなイベントや展示会に登場するなど、主にエンターテインメント領域を中心に活動している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る