新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」

パーソナライズされた3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」がMakuakeに登場した。

photo

SEAL ERGONOMICは、3Dスキャンによってユーザーの背中の形状を測定して、それを元に自分専用の「3Dシェル」を3Dプリンターで作成。それをリュックの中に組み込むことでパーソナライズを実現する。実際に測定した3Dデータを用いることで、負荷が背中全体に分散され、肩への負担が約65%軽減されるとしている。

photo

サイズはMサイズとLサイズがあり、ノートPCやタブレット用の緩衝材入ポケット、底面にはICカードポケット、また鍵などを付けるキーホルダーなどを備えるなど機能面も配慮されている。

photo

3Dスキャンは、全国3カ所にある「SEAL直営店」で行う。測定は概ね5分程度。測定後にそのデータに基づき専用の3Dシェルを3Dプリンターで作成する。測定可能なSEAL直営店は、東京都港区南青山、横浜市中区山下町、大阪市西区南堀江の3店だ。来店による測定が難しいユーザー向けに、実測不要の「既存型3Dシェル」も用意されている。

photo

2018年5月中旬から順次店舗での計測の案内を開始。同年8月から鞄本体が届き、計測後約45日程度で3Dシェルが届く予定だ。鞄本体への3Dシェル装着はユーザー自身が行う。

photo

支援コースは、【超早割30個限定】バッグ2点+「オリジナル3Dシェル」1点の3万6666円コース、【早割300個限定】バッグ1点+「オリジナル3Dシェル」1点の2万9160円(いずれも税込)コースなどが用意されている。

photo
photo

プロジェクト目標金額100万円に対して、2018年4月19日現在すでに130万円以上の支援を集め、プロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  4. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  5. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 断面の角度設定や円形切り出しも可能——万能カッターツール「Perfect Cut」
  10. グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る