新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」

パーソナライズされた3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」がMakuakeに登場した。

photo

SEAL ERGONOMICは、3Dスキャンによってユーザーの背中の形状を測定して、それを元に自分専用の「3Dシェル」を3Dプリンターで作成。それをリュックの中に組み込むことでパーソナライズを実現する。実際に測定した3Dデータを用いることで、負荷が背中全体に分散され、肩への負担が約65%軽減されるとしている。

photo

サイズはMサイズとLサイズがあり、ノートPCやタブレット用の緩衝材入ポケット、底面にはICカードポケット、また鍵などを付けるキーホルダーなどを備えるなど機能面も配慮されている。

photo

3Dスキャンは、全国3カ所にある「SEAL直営店」で行う。測定は概ね5分程度。測定後にそのデータに基づき専用の3Dシェルを3Dプリンターで作成する。測定可能なSEAL直営店は、東京都港区南青山、横浜市中区山下町、大阪市西区南堀江の3店だ。来店による測定が難しいユーザー向けに、実測不要の「既存型3Dシェル」も用意されている。

photo

2018年5月中旬から順次店舗での計測の案内を開始。同年8月から鞄本体が届き、計測後約45日程度で3Dシェルが届く予定だ。鞄本体への3Dシェル装着はユーザー自身が行う。

photo

支援コースは、【超早割30個限定】バッグ2点+「オリジナル3Dシェル」1点の3万6666円コース、【早割300個限定】バッグ1点+「オリジナル3Dシェル」1点の2万9160円(いずれも税込)コースなどが用意されている。

photo
photo

プロジェクト目標金額100万円に対して、2018年4月19日現在すでに130万円以上の支援を集め、プロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  2. 視線を外さずに運転できる——後付けタイプのヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」
  3. 記念すべき瞬間を永遠に——2738年間カウントをつづけるパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」
  4. 自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」
  5. それ、ラズパイでつくれるよ——ホームオートメーションもできるよ
  6. Raspberry Pi Zero Wに対応——マイナビ出版、「たのしいラズパイ電子工作ブック Zero W対応」発刊へ
  7. 500dpiで刻印できる——40/50W密閉型CO2レーザー加工機「Beambox」
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——日本語音声認識もできるよ!
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  10. ひと目でときめく小さな世界——「田中智 ミニチュアワールド—Face to Face もっとそばに—」(銀座)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る