新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」

パーソナライズされた3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」がMakuakeに登場した。

photo

SEAL ERGONOMICは、3Dスキャンによってユーザーの背中の形状を測定して、それを元に自分専用の「3Dシェル」を3Dプリンターで作成。それをリュックの中に組み込むことでパーソナライズを実現する。実際に測定した3Dデータを用いることで、負荷が背中全体に分散され、肩への負担が約65%軽減されるとしている。

photo

サイズはMサイズとLサイズがあり、ノートPCやタブレット用の緩衝材入ポケット、底面にはICカードポケット、また鍵などを付けるキーホルダーなどを備えるなど機能面も配慮されている。

photo

3Dスキャンは、全国3カ所にある「SEAL直営店」で行う。測定は概ね5分程度。測定後にそのデータに基づき専用の3Dシェルを3Dプリンターで作成する。測定可能なSEAL直営店は、東京都港区南青山、横浜市中区山下町、大阪市西区南堀江の3店だ。来店による測定が難しいユーザー向けに、実測不要の「既存型3Dシェル」も用意されている。

photo

2018年5月中旬から順次店舗での計測の案内を開始。同年8月から鞄本体が届き、計測後約45日程度で3Dシェルが届く予定だ。鞄本体への3Dシェル装着はユーザー自身が行う。

photo

支援コースは、【超早割30個限定】バッグ2点+「オリジナル3Dシェル」1点の3万6666円コース、【早割300個限定】バッグ1点+「オリジナル3Dシェル」1点の2万9160円(いずれも税込)コースなどが用意されている。

photo
photo

プロジェクト目標金額100万円に対して、2018年4月19日現在すでに130万円以上の支援を集め、プロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る