新しいものづくりがわかるメディア

RSS


OctoPrintを専用キーボードで使う——Arduinoベースの3Dプリンター制御用リモコン「OctoRemote」

3Dプリンター用ソフトウェア「OctoPrint」用リモコン「OctoRemote」がKickstarterに登場した。

photo

OctoRemoteは、3Dプリンティングソフトウェア「OctoPrint」がインストールされた3Dプリンターの制御を、小さく使いにくいタッチパネルに頼ることなく、専用キーで基本動作を制御できるキーボードだ。

photo 出展:GitHubのプロジェクトページより。アーリープロトタイプのためキー配置は4×4と現状とは異なる。

また、Arduino互換構成となっているため、Arduino IDEでスケッチを書けば各種キーのファンクションを自由にプログラミングできる入力デバイスにもなる。資金調達が達成された際には、設計仕様とソースコードをオープンソースとして開示するとのことだ。

photo

キーボードを収める3Dプリント製リモコンケースも提供される。リモートケースには基板上のLED×8が見やすいよう、スリットと透明なガイドロッドが入っている。

photo

基本仕様は、ATMega32U4マイクロコントローラー、Cherry MX Blueメカニカルキー×19、LED×8、Arduino13番ピン用LED 、2.54mm拡張ヘッダー、ISPヘッダー、リセットボタンなどとなっている。

OctoRemoteは、Kickstarterにて早期キャンペーン価格40ユーロ(約5300円)で提供する。2018年10月の出荷を予定している。日本への送料は16ユーロ(約2130円)だ。プロジェクト目標金額を3万ユーロ(約398万円)とし、2018年5月24日までクラウドファンディング実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る