新しいものづくりがわかるメディア

RSS


OctoPrintを専用キーボードで使う——Arduinoベースの3Dプリンター制御用リモコン「OctoRemote」

3Dプリンター用ソフトウェア「OctoPrint」用リモコン「OctoRemote」がKickstarterに登場した。

photo

OctoRemoteは、3Dプリンティングソフトウェア「OctoPrint」がインストールされた3Dプリンターの制御を、小さく使いにくいタッチパネルに頼ることなく、専用キーで基本動作を制御できるキーボードだ。

photo 出展:GitHubのプロジェクトページより。アーリープロトタイプのためキー配置は4×4と現状とは異なる。

また、Arduino互換構成となっているため、Arduino IDEでスケッチを書けば各種キーのファンクションを自由にプログラミングできる入力デバイスにもなる。資金調達が達成された際には、設計仕様とソースコードをオープンソースとして開示するとのことだ。

photo

キーボードを収める3Dプリント製リモコンケースも提供される。リモートケースには基板上のLED×8が見やすいよう、スリットと透明なガイドロッドが入っている。

photo

基本仕様は、ATMega32U4マイクロコントローラー、Cherry MX Blueメカニカルキー×19、LED×8、Arduino13番ピン用LED 、2.54mm拡張ヘッダー、ISPヘッダー、リセットボタンなどとなっている。

OctoRemoteは、Kickstarterにて早期キャンペーン価格40ユーロ(約5300円)で提供する。2018年10月の出荷を予定している。日本への送料は16ユーロ(約2130円)だ。プロジェクト目標金額を3万ユーロ(約398万円)とし、2018年5月24日までクラウドファンディング実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  4. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  5. ゴムのように柔軟、250℃にも耐える——XYZプリンティングから光造形レジン2種
  6. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  7. 金属3Dプリンティングで問題となる空孔の発生過程を解明——不安定なキーホールの「崩壊」が原因
  8. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る