新しいものづくりがわかるメディア

RSS


OctoPrintを専用キーボードで使う——Arduinoベースの3Dプリンター制御用リモコン「OctoRemote」

3Dプリンター用ソフトウェア「OctoPrint」用リモコン「OctoRemote」がKickstarterに登場した。

photo

OctoRemoteは、3Dプリンティングソフトウェア「OctoPrint」がインストールされた3Dプリンターの制御を、小さく使いにくいタッチパネルに頼ることなく、専用キーで基本動作を制御できるキーボードだ。

photo 出展:GitHubのプロジェクトページより。アーリープロトタイプのためキー配置は4×4と現状とは異なる。

また、Arduino互換構成となっているため、Arduino IDEでスケッチを書けば各種キーのファンクションを自由にプログラミングできる入力デバイスにもなる。資金調達が達成された際には、設計仕様とソースコードをオープンソースとして開示するとのことだ。

photo

キーボードを収める3Dプリント製リモコンケースも提供される。リモートケースには基板上のLED×8が見やすいよう、スリットと透明なガイドロッドが入っている。

photo

基本仕様は、ATMega32U4マイクロコントローラー、Cherry MX Blueメカニカルキー×19、LED×8、Arduino13番ピン用LED 、2.54mm拡張ヘッダー、ISPヘッダー、リセットボタンなどとなっている。

OctoRemoteは、Kickstarterにて早期キャンペーン価格40ユーロ(約5300円)で提供する。2018年10月の出荷を予定している。日本への送料は16ユーロ(約2130円)だ。プロジェクト目標金額を3万ユーロ(約398万円)とし、2018年5月24日までクラウドファンディング実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る