新しいものづくりがわかるメディア

RSS


テニスコートを走り回る球拾いロボット「Tennibot」

テニスコートを走り回りボールを拾い集めるロボット「Tennibot」がKickstarterで人気を集めている。

Tennibot

Tennibotは、テニスプレイヤーを練習後のボール拾いから解放するロボットだ。練習が終わったらネットポストにTennibotステーションを取り付け、スマートフォンのアプリでTennibotを作動させると、Tennibotはコートを走り回る。本体前面に搭載された広角カメラでボールを捉え、拾い上げて本体後方のバスケットにボールを放り込む。

Tennibot

Tennibotは、Tennibotステーションに搭載されたカメラシステムにより自身の位置を把握して自律走行し球拾いをする。スマートフォンのアプリを使って、走行範囲を指定したりTennibotを手動で操作したりすることも可能だ。

Tennibot

Tennibotの大きさは約910×410×280mm、重さは約11kg。充電式で、90分間の充電で4~5時間動作する。時速約2.3kmで走行し、ボールを80個まで集められる。

Tennibot

Tennibotの早期割引価格は、675ドル(約7万4000円)。出荷は2019年1月の予定だが、2018年4月27日時点で日本への送料は未定だ。

Tennibotは2018年6月8日までクラウドファンディングを実施するが、2018年4月27日時点で目標の3万5000ドル(約380万円)を上回る約4万8000ドル(約530万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る