新しいものづくりがわかるメディア

RSS


テニスコートを走り回る球拾いロボット「Tennibot」

テニスコートを走り回りボールを拾い集めるロボット「Tennibot」がKickstarterで人気を集めている。

Tennibot

Tennibotは、テニスプレイヤーを練習後のボール拾いから解放するロボットだ。練習が終わったらネットポストにTennibotステーションを取り付け、スマートフォンのアプリでTennibotを作動させると、Tennibotはコートを走り回る。本体前面に搭載された広角カメラでボールを捉え、拾い上げて本体後方のバスケットにボールを放り込む。

Tennibot

Tennibotは、Tennibotステーションに搭載されたカメラシステムにより自身の位置を把握して自律走行し球拾いをする。スマートフォンのアプリを使って、走行範囲を指定したりTennibotを手動で操作したりすることも可能だ。

Tennibot

Tennibotの大きさは約910×410×280mm、重さは約11kg。充電式で、90分間の充電で4~5時間動作する。時速約2.3kmで走行し、ボールを80個まで集められる。

Tennibot

Tennibotの早期割引価格は、675ドル(約7万4000円)。出荷は2019年1月の予定だが、2018年4月27日時点で日本への送料は未定だ。

Tennibotは2018年6月8日までクラウドファンディングを実施するが、2018年4月27日時点で目標の3万5000ドル(約380万円)を上回る約4万8000ドル(約530万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る