新しいものづくりがわかるメディア

RSS


テニスコートを走り回る球拾いロボット「Tennibot」

テニスコートを走り回りボールを拾い集めるロボット「Tennibot」がKickstarterで人気を集めている。

Tennibot

Tennibotは、テニスプレイヤーを練習後のボール拾いから解放するロボットだ。練習が終わったらネットポストにTennibotステーションを取り付け、スマートフォンのアプリでTennibotを作動させると、Tennibotはコートを走り回る。本体前面に搭載された広角カメラでボールを捉え、拾い上げて本体後方のバスケットにボールを放り込む。

Tennibot

Tennibotは、Tennibotステーションに搭載されたカメラシステムにより自身の位置を把握して自律走行し球拾いをする。スマートフォンのアプリを使って、走行範囲を指定したりTennibotを手動で操作したりすることも可能だ。

Tennibot

Tennibotの大きさは約910×410×280mm、重さは約11kg。充電式で、90分間の充電で4~5時間動作する。時速約2.3kmで走行し、ボールを80個まで集められる。

Tennibot

Tennibotの早期割引価格は、675ドル(約7万4000円)。出荷は2019年1月の予定だが、2018年4月27日時点で日本への送料は未定だ。

Tennibotは2018年6月8日までクラウドファンディングを実施するが、2018年4月27日時点で目標の3万5000ドル(約380万円)を上回る約4万8000ドル(約530万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る