新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ネット環境不要で広域通信できる——BLE端末をLPWAやLTEへ中継する「BLEルーター」

Braveridgeは、BLE端末をLPWAやLTEなどの広域通信網へ中継する「BLEルーター」を発表した。

photo

同社は、低コスト、低消費電力で最大1kmの長距離通信が可能なBT5.0-LongRangeモジュールを開発している。BLEルーターは最大20台のBLE端末が接続可能で、集約したデータを各種LTE網(3G、LTE、Cat-M1/NB-IoTなど)やLPWA網(LoRa、Sigfoxなど)へと中継できる。またOSを使わず独自のファームウェアで制御しているため、ハッキングや不正侵入のリスクも低い。

価格は、LTEと接続する「BLE to LTEルーター」が2年間のSIM通信費込で1万5千円から。同ルーターによって、インターネット環境がない場所での高齢者や児童の安否確認、火災検知、改変探知、牧場管理などの利用を想定する。

同社では2018年5月23日~25日に東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン 2018」へ同製品を出展する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る