新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechShareとカンブリアン・プロジェクト、ロボットアーム「DOBOT Magician」を使った企業向け教育サービスで提携

TechShareは、同社が販売するロボットアーム「DOBOT Magician」を使った企業向け教育サービスの提供に関して、カンブリアン・プロジェクトと業務提携した。

TechShareとカンブリアン・プロジェクトは、DOBOT Magicianの企業向け教育コンテンツを共同で開発し、カンブリアン・プロジェクトが同コンテンツを企業へ提供する。

TechShareによると、DOBOT Magicianはさまざまな分野で利用されており、同社で提供する基礎的なトレーニングだけでは顧客のすべてのニーズに応えるのが困難となってきたという。そこで、カンブリア・プロジェクトのノウハウを付加価値として加えた教育コンテンツを提供する意義が大きくなっている。

2018年5月にサービスインし、技術系新卒社員を始め理系から文系までの新卒および既存の社員までを対象とする。内容は、ロボットやDOBOT Magicianの概要を始め、ハンドティーチングやプレイバック、またピックアンドプレイスの演習、さらに総合演習として各チームごとの課題に取り組む。

今後、DOBOT Magicianと画像認識や自然言語処理などのAIサービス、およびTechShare取扱製品やIoT技術と連携させた教育コンテンツなどの開発も計画している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  8. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  9. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る