新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Yoki、パーソナルロボット「HACO」と開発環境「HACREW」をリリースへ

ロボットスタートアップのYokiは、パーソナルロボット「HACO」と開発環境「HACREW」のリリース計画を発表した。

HACOは、ハードウェアもソフトウェアもカスタマイズできるロボットだ。ボディーパーツはレーザーカッターでカットされた木材で、モーターなどのパーツは、ショッピングサイトなどで購入できるものだけを使っている。

頭には、声などを出すスピーカーと、フルカラーで光るRGB LDEが装備されている。胴には、音声を聞き取るマイクとRaspberry Piが搭載され、周囲を認識するRaspberry Pi専用カメラも搭載可能だ。Raspberry Piに搭載された拡張基板には追加モーター用の接続端子やIC2などの拡張ピンが用意され、腕に1つずつ首に2つ合計4つのサーボモーターを備えている。胴の下部には、前後左右回転など全方位に移動可能なモーターとタイヤ、タイヤの近くには段差を感知するセンサーが搭載されている。HACOには、天気を教えたり調べ物をする機能が予定され、今後さらに機能が増えるという。

photo

HACREWは、ブロックプログラミングとテキストプログラミングをミックスさせた新しい開発環境だ。ブロックを配置して、そのブロックのコードを理解して書き写すことの繰り返しによって、プログラミング言語を身につけられる。ライブラリを組み込んだり、外部サービスのAPIも利用可能で、HACREWでつくったソフトはアプリとして公開できるとしている。

Yokiによると、2018年夏ごろにHACOの先行予約販売を開始し、HACOの出荷とHACREWの公開は2018年11月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  6. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る