新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Yoki、パーソナルロボット「HACO」と開発環境「HACREW」をリリースへ

ロボットスタートアップのYokiは、パーソナルロボット「HACO」と開発環境「HACREW」のリリース計画を発表した。

HACOは、ハードウェアもソフトウェアもカスタマイズできるロボットだ。ボディーパーツはレーザーカッターでカットされた木材で、モーターなどのパーツは、ショッピングサイトなどで購入できるものだけを使っている。

頭には、声などを出すスピーカーと、フルカラーで光るRGB LDEが装備されている。胴には、音声を聞き取るマイクとRaspberry Piが搭載され、周囲を認識するRaspberry Pi専用カメラも搭載可能だ。Raspberry Piに搭載された拡張基板には追加モーター用の接続端子やIC2などの拡張ピンが用意され、腕に1つずつ首に2つ合計4つのサーボモーターを備えている。胴の下部には、前後左右回転など全方位に移動可能なモーターとタイヤ、タイヤの近くには段差を感知するセンサーが搭載されている。HACOには、天気を教えたり調べ物をする機能が予定され、今後さらに機能が増えるという。

photo

HACREWは、ブロックプログラミングとテキストプログラミングをミックスさせた新しい開発環境だ。ブロックを配置して、そのブロックのコードを理解して書き写すことの繰り返しによって、プログラミング言語を身につけられる。ライブラリを組み込んだり、外部サービスのAPIも利用可能で、HACREWでつくったソフトはアプリとして公開できるとしている。

Yokiによると、2018年夏ごろにHACOの先行予約販売を開始し、HACOの出荷とHACREWの公開は2018年11月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る