新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ユーザーと共に作り上げるパーソナルロボット「HACO」

Yokiは、開発中のロボット「HACO(ハコ)」のクラウドファンディング(ファンクラブ)をCAMPFIREにて、11月25日に開始する。

photo

HACOは、メインコンピューターにRaspberry Piを搭載し、OSはLinuxベースのRaspbian。外装にはレーザーカットしたパーツを使い、モーターなどのパーツは個人でも入手できるものを使用している。

まずは誰でも手に入れらるよう販売価格を3万円ほどに抑え、購入後にユーザーやデベロッパーと共にロボットが必要な場面や機能を開拓して行けるようにソフトウェアとハードウェアの設計データがオープンソースでカスタマイズ性が高いことが特徴だ。

photo Yoki代表の東出風馬氏

ロボットスタートアップYokiを率いるのは18歳の東出風馬氏。届けて喜べるものをつくること、このうえなく優しい情報端末をつくること、AIやIoTが普及したときにもっともユーザーフレンドリーとなる情報端末をつくることを目指しており、効率的だけれど疎外感を感じないユーザーフレンドリーな情報端末にするために、周りの環境を認識するセンシングと親しみやすいデザインの擬人化を採用して、ユーザーのことを深く理解して臨機応変に動けるようにしているという。

photo

HACOロボットファンクラブ「このうえなく優しい情報端末をつくりたい! 株式会社Yokiの目指す未来!」は、500円からの参加が可能となっている。

今後の展開は、2018年春頃(未定)にCAMPFIRE HACO限定販売クラウドファンディングを開始し、2018年夏頃(未定)にHACOの一般販売を開始する予定だとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る