新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ユーザーと共に作り上げるパーソナルロボット「HACO」

Yokiは、開発中のロボット「HACO(ハコ)」のクラウドファンディング(ファンクラブ)をCAMPFIREにて、11月25日に開始する。

photo

HACOは、メインコンピューターにRaspberry Piを搭載し、OSはLinuxベースのRaspbian。外装にはレーザーカットしたパーツを使い、モーターなどのパーツは個人でも入手できるものを使用している。

まずは誰でも手に入れらるよう販売価格を3万円ほどに抑え、購入後にユーザーやデベロッパーと共にロボットが必要な場面や機能を開拓して行けるようにソフトウェアとハードウェアの設計データがオープンソースでカスタマイズ性が高いことが特徴だ。

photo Yoki代表の東出風馬氏

ロボットスタートアップYokiを率いるのは18歳の東出風馬氏。届けて喜べるものをつくること、このうえなく優しい情報端末をつくること、AIやIoTが普及したときにもっともユーザーフレンドリーとなる情報端末をつくることを目指しており、効率的だけれど疎外感を感じないユーザーフレンドリーな情報端末にするために、周りの環境を認識するセンシングと親しみやすいデザインの擬人化を採用して、ユーザーのことを深く理解して臨機応変に動けるようにしているという。

photo

HACOロボットファンクラブ「このうえなく優しい情報端末をつくりたい! 株式会社Yokiの目指す未来!」は、500円からの参加が可能となっている。

今後の展開は、2018年春頃(未定)にCAMPFIRE HACO限定販売クラウドファンディングを開始し、2018年夏頃(未定)にHACOの一般販売を開始する予定だとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  7. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  8. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  9. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る