新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、RAMPS向けモータードライバー評価ボード「EVALSP820-XS」発表

STマイクロエレクトロニクスは、3DプリンターのオープンソースプラットフォームRAMPS(RepRap Arduino Mega Pololu Shield)向けに、モータードライバー評価ボード「EVALSP820-XS」を発表した。

EVALSP820-XSは、RAMPS 3Dプリンター向けに、高速かつ1/2~1/256分解能の高精度マイクロステッピングモードで制御できるモータードライバーボードだ。STマイクロの産業機器制御技術を活用することで、3Dプリンターの性能を最大限に発揮させ、スループットの向上や優れた表面平滑性を実現できるという。

搭載するモータードライバー「STSPIN820」は、産業機器向けに開発された高速モーター制御用の入力回路とアルゴリズムを実装し、超小型のQFNパッケージ(4×4mm)で提供される。減電圧ロックアウトや過電流/短絡保護、サーマルシャットダウンなどさまざまな保護機能も内蔵する。

同ボードは、3Dプリンター以外にも監視カメラや紡績/縫製機器、医療機器、POS端末、ロボットなどのステッピングモーター制御の開発に利用可能だ。

価格は6.90ドルで、販売代理店または同社ウェブサイトから購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. シンプルながら多機能——インクスクリーン採用のスマートウォッチ「GLIGO」
  2. 3ピース構造でPiカメラがマウントできる——カラフルなRaspberry Piケース「PiShell」
  3. オーム社、機械学習の基礎知識から深層学習までを学ぶ「マンガでわかる機械学習」発刊
  4. Arduino Zero互換でクロック120MHz——32-bit ARM M4Fマイコンモジュール「Tachyon」
  5. 指にはめてどこでもタイピング——ウェアラブルキーボード「Tap」
  6. デスクトップにおける小型メタルボディ——FFF方式小型3Dプリンター「rs-Mini」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. カットシステム、OpenCVによる画像、動画処理の解説書「Pythonで始めるOpenCV3プログラミング」発刊
  9. 「第22回機械要素技術展」で、自分でも買えそうな気になる製品を探してみた
  10. 新生活に役立つものを1000円で作っちゃおう!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る