新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、RAMPS向けモータードライバー評価ボード「EVALSP820-XS」発表

STマイクロエレクトロニクスは、3DプリンターのオープンソースプラットフォームRAMPS(RepRap Arduino Mega Pololu Shield)向けに、モータードライバー評価ボード「EVALSP820-XS」を発表した。

EVALSP820-XSは、RAMPS 3Dプリンター向けに、高速かつ1/2~1/256分解能の高精度マイクロステッピングモードで制御できるモータードライバーボードだ。STマイクロの産業機器制御技術を活用することで、3Dプリンターの性能を最大限に発揮させ、スループットの向上や優れた表面平滑性を実現できるという。

搭載するモータードライバー「STSPIN820」は、産業機器向けに開発された高速モーター制御用の入力回路とアルゴリズムを実装し、超小型のQFNパッケージ(4×4mm)で提供される。減電圧ロックアウトや過電流/短絡保護、サーマルシャットダウンなどさまざまな保護機能も内蔵する。

同ボードは、3Dプリンター以外にも監視カメラや紡績/縫製機器、医療機器、POS端末、ロボットなどのステッピングモーター制御の開発に利用可能だ。

価格は6.90ドルで、販売代理店または同社ウェブサイトから購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る