新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、RAMPS向けモータードライバー評価ボード「EVALSP820-XS」発表

STマイクロエレクトロニクスは、3DプリンターのオープンソースプラットフォームRAMPS(RepRap Arduino Mega Pololu Shield)向けに、モータードライバー評価ボード「EVALSP820-XS」を発表した。

EVALSP820-XSは、RAMPS 3Dプリンター向けに、高速かつ1/2~1/256分解能の高精度マイクロステッピングモードで制御できるモータードライバーボードだ。STマイクロの産業機器制御技術を活用することで、3Dプリンターの性能を最大限に発揮させ、スループットの向上や優れた表面平滑性を実現できるという。

搭載するモータードライバー「STSPIN820」は、産業機器向けに開発された高速モーター制御用の入力回路とアルゴリズムを実装し、超小型のQFNパッケージ(4×4mm)で提供される。減電圧ロックアウトや過電流/短絡保護、サーマルシャットダウンなどさまざまな保護機能も内蔵する。

同ボードは、3Dプリンター以外にも監視カメラや紡績/縫製機器、医療機器、POS端末、ロボットなどのステッピングモーター制御の開発に利用可能だ。

価格は6.90ドルで、販売代理店または同社ウェブサイトから購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る