新しいものづくりがわかるメディア

RSS


携帯できるモジュラー型レーザーカッター「cut-and-carry」

ケースに収納して持ち運べるモジュラー型レーザーカッター「cut-and-carry」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

cut-and-carryは、付属のトラベルケースで持ち運びができ、モジュール構成で簡単に組み立てられるレーザーカッターだ。「PLC15」とハイパワーの「PLC100」から選べ、PLC15は800×3000mm、PLC100は1100×3000mmの広範囲の加工ができる。

photo

PLC15とPLC100はどちらもモーター、レーザーシステム、レールシステム、タッチスクリーン(PLC15:7インチ/PLC100:10インチ)搭載の制御部で構成され、OSにWindowsを搭載しており、「TeamViewer」などのプログラムによるリモートコントロールや、USBウェブカムで加工プロセスのモニタリングができる。PLC15はメンテナンスフリーで軽量なLEDレーザーシステムを、PLC100は100WのCO2レーザーシステムを採用し、透明な素材の加工も可能だ。

photo

PLC15は紙、段ボール(4mm)、合板(4mm)、MDF(1mm)、アクリル(カラー:3mm)、布(2レイヤー)、 レザー(3mm)、硬質フォーム(5mm)、PLC100は紙、段ボール、合板(15mm)、MDF(8mm)、アクリル(透明/カラー:15mm)、布(10レイヤー)、レザー(5mm)、硬質フォーム(10mm)のカットに、またガラスやアルミ、ステンレスなど一部の金属のレーザー刻印に対応する。

photo

PLC15の本体サイズは1170×3000mmで加工エリアは800×3000mm、重さは6.5kg、最高スピードはX:6000/Y:4000mm/分、精度は±0.2mm。PLC100の本体サイズは1490×3000mmで加工エリアは1100×3000mm、重さは50kg、最高スピードはX:25000/Y:5000mm/分、精度は±0.2mm。

photo

PLC15/PLC100の予定小売価格は2880ユーロ(約36万9000円)/9000ユーロ(約115万円)で、今なら数量限定の早割価格720ユーロ(約9万2000円)/2250ユーロ(約28万8000円)で入手できる。それぞれ2018年10月/2019年1月の出荷を予定しており、日本への出荷については問い合わせが必要だ。

photo

cut-and-carryはKickstarterにて、4万ユーロ(約512万円)を目標に2018年8月5日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る