新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロータリーエンコーダーをI2Cデバイスに——小型ボード「I2C Encoder V2」

ロータリーエンコーダーをI2Cデバイスに変える小型ボード「I2C Encoder V2」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

I2C Encoder V2

ロータリーエンコーダーは、回転による機械的な変位をパルス信号に変える装置。マウスホイールやサーボモーターの回転を検出したり、ダイヤルを回して室温や明るさなどを設定したりする場合などに利用されている。

I2C Encoder V2

例えば、ロータリーエンコーダーをArduinoで使う場合、エンコーダーの出力をデジタル入力ピンに接続し、プログラムの割り込み処理でカウンター変数をインクリメントあるいはデクリメントする必要がある。I2C Encoder V2を使えば、I2C Encoder V2のレジスターを読み込むだけでロータリーエンコーダーの状態(ステータス)を取得できる。

I2C Encoder V2は、ロータリーエンコーダーのステータス用にCVAL(現在値)、CMAX(最大値)、CMIN(最小値)、ISTEP(ステップごとにCVALに加算あるいは減算する増分値)といった4つの32ビットレジスターを備えるほか、256バイトのEEPROMも搭載している。GPIOのスルーホールも設けられており、PWM出力やアナログ入力に使うことができる。

I2C Encoder V2

I2C Encoder V2の各辺にはそれぞれ5つの端子があり、複数のI2C Encoder V2を並べて端子同士を直接はんだ付けして連結することも可能だ。ニッチなボードだが、プログラミングが容易になり、複数のロータリーエンコーダーを接続できるようになる。

I2C Encoder V2
I2C Encoder V2

I2C Encoder V2の大きさは25×25mm。動作電圧は3~5Vだ。I2C Encoder V2はI2Cバスを備えるデバイスと互換性があるので、ArduinoだけでなくRaspberry PiやESP8266などでも使うことができる。

I2C Encoder V2の価格は6ユーロ(約770円)。出荷は2018年9月の予定で、日本への送料は5ユーロ(約640円)だ。

I2C Encoder V2は2018年7月29日までクラウドファンディングを実施するが、2018年6月29日時点で、目標額1000ユーロ(約13万円)の2倍以上に当たる約2300ユーロ(約30万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向けpHATサイズ拡張基板「ゼロワン」第4弾4製品を発売へ
  3. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  4. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  5. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  9. 陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る