新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi Zeroに必要な単機能を追加——pHATサイズの拡張基板「ゼロワン」シリーズ

ビット・トレード・ワンは、電源制御機能を装備し、Raspberry Pi Zeroに機能を一つだけ追加する、pHATサイズの拡張基板 「ゼロワン」シリーズ5製品を、2018年7月6日に同時発売する。

ゼロワンシリーズの第1弾となる5製品は、「ソレノイド」、「サーボモータ」、「焦電センサ」「湿温度・気圧センサ」「ロータリーエンコーダ」。サンプルコードも用意されていて、単一機能で制御学習を集中的に行うことで、効果的な学習が期待できるという。WEBサイトの連動記事では、ソレノイドと焦電センサを利用したブービートラップや遠隔地でも呼び出せる「テレビ電話呼び出しボタン」などを作例として紹介している。

photo ゼロワンサーボ拡張基板「ADRSZSB」

ゼロワンサーボ拡張基板「ADRSZSB」は、16bit分解能PWM制御を使いDuty幅がμ秒単位で制御可能で、1台のPi Zeroから2つのサーボモータを独立制御できる。サーボへの給電はGPIOまたは外部電源をジャンパで切り替えられる。

photo ロータリーエンコーダ拡張基板「ADRSZRE」

ロータリーエンコーダ拡張基板「ADRSZRE」は、端子台またはスルーホール(1系統のみ)にロータリーエンコーダを接続するだけで測定できる。リアルタイム性を考慮し、パルス計測用のPICマイコンを搭載している。

photo 温湿度・気圧センサ拡張基板「ADRSZBM」

温湿度・気圧センサ拡張基板「ADRSZBM」は、Boschの「BME280」を搭載したセンサモジュールで、温度、湿度、気圧を同時に測定できる。また、Gloveシステムに対応したコネクターも搭載しているので拡張性も高い。

photo 焦電型赤外線センサ拡張基板「ADRSZPY」

焦電型赤外線センサ拡張基板「ADRSZPY」は、ドーム型フレンネルレンズにより120度の検知が可能だ。動作確認用LED付で最大検知距離は約7m、半固定抵抗で調整できる。

photo ソレノイド拡張基板「ADRSZSN」

ソレノイド拡張基板「ADRSZSN」はDC3~12V、2A以内のソレノイドが使用可能で、動作確認用LED付。ただし自己保持型は動作対象外だ。

ゼロワンシリーズはオープン価格で販売され、それぞれの市場予想売価はゼロワンサーボ拡張基板2980円、ゼロワンロータリーエンコーダ拡張基板2980円、ゼロワン温湿度・気圧センサ拡張基板2980円、ゼロワン焦電型赤外線センサ拡張基板2480円、ゼロワンソレノイド拡張基板2580円(何れも税別)となっている。

対応機種は、Raspberry Pi Zero v1.3/W/WH、Raspberry Pi 2/3。ただしPi Zeroにはピンヘッダーの半田付けが必要で、モデルによってはネジで固定できない場合もある。

ゼロシリーズ第2弾では、「明るさセンサ」「壁面スイッチ」「赤外線送受信」「リレー」などのラインナップが予定されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る