新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoにリアルタイムクロックを——電池内蔵RTCモジュール「Kraztech Real Time Clock Module」

Arduinoで利用できるリアルタイムクロックモジュール「Kraztech Real Time Clock Module」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

Kraztech Real Time Clock Moduleが搭載するRTC「MCP7940」は、年/月/日/曜日のカレンダー機能を内蔵し、うるう年にも対応する。また12/24時間フォーマットとアラーム×2、マルチファンクションピン、64バイトストレージも備え、バックアップ電池も搭載している。入力電圧は、1.8~5.5Vだ。

インターフェースはI2C通信に対応し、年月日と時間のライトとリード、アラームやマルチファンクションピンの設定、データのSRAMへの保存と読み込みなどが可能で、Arduinoですぐに利用できるようライブラリーを公開している。もちろんArduino以外でも、I2C経由で組み込み系のシステムにRTCを持たせることが可能だ。 

Kraztech Real Time Clock Moduleは、今なら数量限定の早割価格15カナダドル(約1260円)で入手できる。2018年10月の出荷を予定しており、日本への送料は10カナダドル(約840円)だ。

Kraztech Real Time Clock ModuleはKickstarterにて、1500カナダドル(約12万6000円)を目標に2018年8月2日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る