新しいものづくりがわかるメディア

RSS


独BASF、3Dプリント用材料メーカー2社を買収

ドイツに本社を置く大手総合化学メーカーBASFは、3Dプリント分野での事業拡大のため、3Dプリント用材料メーカー2社を買収したと発表した。

BASF Advanc3D Materials Setup Performance

BASFが買収したのは、ドイツのハンブルクに拠点を置くAdvanc3D MaterialsとフランスのリヨンにあるSetup Performanceの2社だ。Advanc3D Materialsは、粉末焼結方式3Dプリンター用のカスタムプラスチック粉末材料を供給する企業。Setup Performanceは、材料の開発および製造においてAdvanc3D Materialsの最も重要なパートナー企業だ。

BASF傘下のBASF New Business(BNB)が両社の全株式を取得し、両社はBNB100%子会社のBASF 3D Printing Solutionsに統合される。

BASFは、2017年にフィラメントの研究開発製造を行う蘭Innofil3Dを買収し、FFF方式3Dプリント用プラスチックフィラメント市場におけるプレゼンスを強化した。今回の買収は、粉末焼結方式の材料市場へ参入し事業を拡大するものだ。

買収を実行したBNBのDietmar Bender製造技術担当副社長は、「今回の買収は、産業用3Dプリント向け粉末材料のリーディングサプライヤーになるという我々の目標に向けたさらなる一歩だ」と述べている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る