新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エイブリック、電源分圧出力付スイッチングレギュレータ「S-85S0Pシリーズ」発売

エイブリックは、電源分圧出力が取り出せるスイッチングレギュレータ「S-85S0Pシリーズ」を発売した。

同社によると、3V系の低電圧マイコンで3.7Vのリチウムイオン電池電圧を簡易的に監視するには、外付け抵抗で分圧して低電圧マイコンのADコンバータへ入力するのが一般的だ。またバッテリーの消費を抑えるため、監視時のみ外付け抵抗に電流を流すよう外付けFETを追加するケースもある。しかしこれらの方法には、ADコンバータの入力インピーダンスによって監視電圧にズレが生じたり、専有面積が拡大するという課題があった。

photo

今回発売したS-85S0Pシリーズのスイッチングレギュレータは、電源ICの入力電圧をICに内蔵した高抵抗で分圧しバッファを介して出力できる「電源分圧出力」を備えている。その出力を低電圧マイコンのADコンバータに直接入力することで、消費電流を抑えつつ高精度のバッテリ監視ができるとしている。

さらに、超小型パッケージ「SNT-8A(2.46×1.97×0.5mm)」を採用し、ウェアラブル機器などの小型化や薄型化が可能だ。

主な仕様は、電源分圧出力部が、入力電圧1.5~5.5V、消費電流280nA、電源分圧出力イネーブル回路内蔵。スイッチングレギュレータ部が、入力電圧2.2~5.5V、静止時消費電流260nA、出力電流50mA、低電圧誤動作防止、サーマルシャットダウン、過電流制限、自動復帰型短絡保護、ソフトスタートなどのさまざまな保護機能を搭載する。

同社では、ウェアラブル機器やIoT機器、Bluetooth機器、ヘルスケア機器、スマートメータなどへの利用を想定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る