新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Makerの健康を守るコードレスはんだ吸煙器「Fumetractor」

Makerの健康を守るコードレスはんだ吸煙器「Fumetractor」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

はんだ付けのときに出る煙はフラックスが蒸発したものだが、これには人体に有害な成分も含まれており、吸い込まないようにした方がよいとされている。しかし、煙は上に昇るため、はんだ付けしている人の顔に向かいやすい。Fumetractorは、この煙をファンで吸い込み、有害物質を活性炭フィルターにー吸着させてMakerの健康を守るというはんだ付け作業補助ツールだ。

Fumetractorはキットになっていて、組み立て後の大きさ(突起部を含む)は130×83×74mm。小型でコードレスのためどこにでも置くことができ、VAPOベアリングファンを採用しているため静粛性も高い。Fumetractorは1回の充電で6時間動作する。USB充電の他、Qi規格のワイヤレス充電器でも充電できる。

Fumetractorの早期割引価格は、ワイヤレス充電モデルが69ユーロ(約9000円)、USB充電モデルが58ユーロ(約7600円)。ワイヤレス充電モデルはUSBでも充電できる。Fumetractorの出荷は2018年12月の予定で送料は無料だ。ただし、日本から注文した場合、リチウムイオン電池はキットに含まれないので注意が必要だ。これは、国際航空運送協会(IATA)などによりリチウム電池を航空便で送ることが制限されているためで、Fumetractorの使用する「18650リチウムイオン電池」を別途購入する必要がある。

なお、FumetractorにはUSB給電モデルも用意されており、早期割引価格は40ユーロ(約5200円)だ。

Fumetractorは2018年8月29日までクラウドファンディングを実施の予定。2018年7月23日時点で目標の2万ユーロ(約260万円)に対して、約6000ユーロ(約78万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る