新しいものづくりがわかるメディア

RSS


使いやすさを追求した光造形3Dプリンター「Lotus EZ」

使いやすさを追求したLCD SLA(光造形)方式3Dプリンター「Lotus EZ」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。3Dプリントに関係する手間を省く工夫が随所に施されている。

Lotus EZのビルドプラットフォームはCNC切削加工されており、レベリングやキャリブレーションは不要だ。また、プラットフォームの上面は傾斜がつけられており、レジンがバットに滴り落ちて戻っていくようになっているので無駄が少ない。

Lotus EZ

Lotus EZのレジンバットはマグネット着脱式で、容易に取り扱えるようになっている。バットの底面はFEP(四フッ化エチレン六フッ化プロピレン共重合樹脂)製。非常に薄く透明になっているが、バットを取り外した時に底面を誤って傷つけてしまわないよう形状が工夫されており、机の上に置いても直接、机の表面に底面が当たらないような形になっている。

Lotus EZ resin vat
Lotus EZ resin vat

さらに、LCDスクリーンには耐久性のあるプロテクターが付けられている。また、ビルドプラットフォームに上方向の圧力が過剰にかかると外れるように設計されており、ビルドプラットフォームがLCDスクリーンに押し付けられても破損しないようになっている。

Lotus EZ

Lotus EZは、「Raspberry Pi 3 Model B」をプロセッサーとして使用したオープンソースハードウェアで、関連資料はGitHub上で公開される予定だ。

Lotus EZの本体サイズは210×210×400mmで、重量は6.5kg。造形サイズは120×68×175mm、水平解像度は47μm、積層ピッチは10μmだ。

Lotus EZ

Lotus EZの早期割引価格は、専用レジン500g付きで599ユーロ(約7万6000円)。出荷は2018年12月の予定だが、日本への送料についてはクリエイターに問い合わせる必要がある。

Lotus EZは2018年9月14日までクラウドファンディングを実施。2018年8月17日時点で、目標の5万ユーロ(約630万円)に対して約3万1000ユーロ(約390万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る