新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アプリに260種類のデザインを内蔵——スマホとつながる小型刺しゅう専用ミシン「IJ521」

蛇の目ミシン工業が、世界で初めて(同社調べ)スマートフォンやタブレットをワイヤレス操作端末とした小型刺しゅう専用ミシン「IJ521」の販売を2018年8月27日に開始する予定だ。

同製品は、スマートフォンなどの操作で、最大102×102mmのサイズの刺しゅうができる小型刺しゅう専用ミシン。刺しゅう専用のため、直線縫いなどの実用縫いはできない。

刺しゅうデザインを内蔵した専用アプリ「dot Customizer」でデザインやサイズを決め、ミシンに送信する。内蔵された刺しゅうデザインは260種類。アプリにより大きさの調節も自由にでき、アレンジも可能だ。さらに、ひらがな、カタカナ、アルファベットなどの文字入力でオリジナルのネーム刺しゅうを作ることができる。

アプリの対応端末はiPhone/iPad/Android、画面サイズは4.7インチ以上が必要となる。対応OSはiOS 8.0以上、Android4.1/4.11以上。操作方法や作り方を解説したレシピなどを掲載した専用サイトも準備中だ。

ミシン本体は必要最低限の機能を搭載し、刺しゅうが初めてでも簡単に操作できる。本体サイズは415×259×250mm、質量4.3kgで、子供でも持ち運べる重さとなっている。

無線LAN環境に対応したクライアントモードのほか、無線LANの無い場所でも使用できるアクセスポイントモードに対応しているため、使用場所を選ばない。

価格はオープン。初年度で年間1500台の販売を目標としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る