新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ST、プラグアンドプレイ型のワイヤレス充電器開発キット「STEVAL-ISB045V1」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、プラグアンドプレイ型のワイヤレス充電器開発キット「STEVAL-ISB045V1」を発表した。

この開発キットにより、スマートウォッチやスポーツ機器、ヘルスケア機器など、ウェアラブル/小型IoT機器向けに小径コイル(直径20mm)を搭載した超小型充電器(最大2.5W出力)の迅速な開発が可能となる。

STEVAL-ISB045V1は、ワイヤレス充電コントローラーIC(送電側)のSTWBC-WAをベースにしており、直径20mmのコイルが接続されたトランスミッターボードを含む充電ベースユニットで構成されている。

STSW-STWBCGUIソフトウェアを使用することで、STWBC-WAの設定や動作時の情報(供給電力、ブリッジ周波数、デモジュレータ品質、プロトコルの状態など)をモニタリングできる。また、GUI動作用のドングルも同梱している。

STWBC-WAはドライバを内蔵するとともに、アンテナへの電力供給用にフル/ハーフブリッジトポロジーのネイティブサポートを備えている。ハーフブリッジトポロジーでは、より小さい直径のコイルを使用して最大1Wの充電ができるため、さらなる小型化が可能だ。

安全な充電のための異物検出機能(FOD)や自動検出機能をはじめ、標準的なワイヤレス充電機能に対応する。また、デジタルフィードバックによる供給電力の調整も可能だ。 同製品には2種類のファームウェアオプションが用意されており、ターンキーソリューションを使用するか、APIで内蔵ペリフェラル(ADC/UART/GPIOなど)にアクセスすることでアプリケーションをカスタマイズできる。

STEVAL-ISB045V1の価格は42ドル(約4670円)。また、現在量産中のSTWBC-WAはVFQFPN32パッケージで提供され、単価は1000個購入時で1個あたり約2.82ドル(約310円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る