新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ST、プラグアンドプレイ型のワイヤレス充電器開発キット「STEVAL-ISB045V1」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、プラグアンドプレイ型のワイヤレス充電器開発キット「STEVAL-ISB045V1」を発表した。

この開発キットにより、スマートウォッチやスポーツ機器、ヘルスケア機器など、ウェアラブル/小型IoT機器向けに小径コイル(直径20mm)を搭載した超小型充電器(最大2.5W出力)の迅速な開発が可能となる。

STEVAL-ISB045V1は、ワイヤレス充電コントローラーIC(送電側)のSTWBC-WAをベースにしており、直径20mmのコイルが接続されたトランスミッターボードを含む充電ベースユニットで構成されている。

STSW-STWBCGUIソフトウェアを使用することで、STWBC-WAの設定や動作時の情報(供給電力、ブリッジ周波数、デモジュレータ品質、プロトコルの状態など)をモニタリングできる。また、GUI動作用のドングルも同梱している。

STWBC-WAはドライバを内蔵するとともに、アンテナへの電力供給用にフル/ハーフブリッジトポロジーのネイティブサポートを備えている。ハーフブリッジトポロジーでは、より小さい直径のコイルを使用して最大1Wの充電ができるため、さらなる小型化が可能だ。

安全な充電のための異物検出機能(FOD)や自動検出機能をはじめ、標準的なワイヤレス充電機能に対応する。また、デジタルフィードバックによる供給電力の調整も可能だ。 同製品には2種類のファームウェアオプションが用意されており、ターンキーソリューションを使用するか、APIで内蔵ペリフェラル(ADC/UART/GPIOなど)にアクセスすることでアプリケーションをカスタマイズできる。

STEVAL-ISB045V1の価格は42ドル(約4670円)。また、現在量産中のSTWBC-WAはVFQFPN32パッケージで提供され、単価は1000個購入時で1個あたり約2.82ドル(約310円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る