新しいものづくりがわかるメディア

RSS


いつでもどこからでもON/OFFできる——スマート照明「IoTトリゴ」

専用スマートフォンアプリを使い、Google HomeやAmazon Echoで音声操作できるスマート照明「IoTトリゴ」が、Makuakeに登場した。

photo

IoTトリゴは、スマートフォンアプリ「TOLIGO」に接続して、Wi-Fi環境下で操作できるスマート照明だ。TOLIGOでどこからでもON、OFF操作でき、1灯や2灯のみの設定、目覚まし点灯や就寝時の消灯などのタイマー機能を使ったライトコントロールもできる。

photo

また各社スマートスピーカーにも対応し、アプリと連携することで、音声での操作も可能だ。IoTトリゴと現在開発中の「ドアセンサー」を設定、連携すると、ドアを開けると点灯するように生活を自動化するもできるとしている。無料で使える専用スマートフォンアプリTOLIGOは、iOS7.0以上、Android4.0以上に対応し、2018年12月頃完成予定だ。

photo

IoTトリゴの本体サイズは幅820×奥行き155×高さ320mm、シェードサイズは直径120×高さ95mm、フランジサイズは直径155×高さ105mm、重量は約1.6kg。材質はスチールとウッドで、カラーはブラック×ブラウンとホワイト×ナチュラル。口金はE26 60W×4まで対応し(LED電球対応、電球別売り)、技術基準適合証明とPSEを取得している。

photo

支援コースおよびリターンは、「IoTトリゴ1台(各色先着100名限定)」が8980円、「IoTトリゴ1台+LED電球4球(各色先着100名限定)」が1万1380円(いずれも税込)など。Makuakeでは目標金額50万円のところ、プロジェクト開始初日で目標金額100%を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る