新しいものづくりがわかるメディア

RSS


いつでもどこからでもON/OFFできる——スマート照明「IoTトリゴ」

専用スマートフォンアプリを使い、Google HomeやAmazon Echoで音声操作できるスマート照明「IoTトリゴ」が、Makuakeに登場した。

photo

IoTトリゴは、スマートフォンアプリ「TOLIGO」に接続して、Wi-Fi環境下で操作できるスマート照明だ。TOLIGOでどこからでもON、OFF操作でき、1灯や2灯のみの設定、目覚まし点灯や就寝時の消灯などのタイマー機能を使ったライトコントロールもできる。

photo

また各社スマートスピーカーにも対応し、アプリと連携することで、音声での操作も可能だ。IoTトリゴと現在開発中の「ドアセンサー」を設定、連携すると、ドアを開けると点灯するように生活を自動化するもできるとしている。無料で使える専用スマートフォンアプリTOLIGOは、iOS7.0以上、Android4.0以上に対応し、2018年12月頃完成予定だ。

photo

IoTトリゴの本体サイズは幅820×奥行き155×高さ320mm、シェードサイズは直径120×高さ95mm、フランジサイズは直径155×高さ105mm、重量は約1.6kg。材質はスチールとウッドで、カラーはブラック×ブラウンとホワイト×ナチュラル。口金はE26 60W×4まで対応し(LED電球対応、電球別売り)、技術基準適合証明とPSEを取得している。

photo

支援コースおよびリターンは、「IoTトリゴ1台(各色先着100名限定)」が8980円、「IoTトリゴ1台+LED電球4球(各色先着100名限定)」が1万1380円(いずれも税込)など。Makuakeでは目標金額50万円のところ、プロジェクト開始初日で目標金額100%を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る