新しいものづくりがわかるメディア

RSS


バナナやリンゴを入力デバイスに——ネコ型シリアルインターフェースボード「Meow Meow」

ネコ型シリアルインターフェースボード「Meow Meow」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Meow Meowは、最大10個の対象物を接続することで、USB経由でコンピューターのキーボードやマウスとしてゲームやアプリの操作ができるインターフェースボードだ。対象物へのタッチは静電容量センサーが検出し、果物や金属、液体など導電体だけでなく、紙や粘土、人体などでも反応するという。

photo

Meow Meowは、Arduino互換となる32bit Arm Cortex-M0のコアに256KBのフラッシュメモリ/32KBのSRAMを内蔵するマイコン「SAMD21G18」、RTC、USB 2.1ポートなどを搭載し、前面にはキーボード/マウス互換入力×10を備え、裏面にはジャンパー経由でアクセス可能なSPI×4、I2C×2、シリアルポート×2、I2S×2を用意する。入力電圧は3.5~6.0Vだ。

photo

Microsoftの「MakeCode」プラットフォームベースのブロックプログラミングに対応予定で、センサーやアクチュエーターの接続設定、ループやイベントなどのロジックプログラミングもできる。ハード/ソフトともオープンソースでArduino IDE対応の開発ボードとしても利用できる。

photo

Meow Meowは、今なら数量限定の早割価格479メキシコペソ(約2800円)で入手できる。本体の他、USBケーブルとアリゲータークリップ×10、ステッカーが付属する2019年2月の出荷を予定しており、日本への送料は140メキシコペソ(約810円)だ。

photo

Meow MeowはKickstarterにて、 65万メキシコペソ(約376万円)を目標に2018年10月3日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  4. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  5. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発
  9. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  10. PSoCで電子回路を集積してみよう——CQ出版、サイプレスのPSoCを搭載する「トラ技電子回路クリエイタ「TSoC」コンプリート・キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る