新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、低/中電力モーター向けシングルチップモータードライバー2製品発表

STマイクロエレクトロニクスは、7~45Vで動作する低/中電力のモーター向けシングルチップモータードライバー「STSPIN830」および「STSPIN840」を発表した。

STSPIN830は、三相ブラシレスDCモーター用のモータードライバーだ。内蔵パワー段の3chハーフブリッジを制御するためのモード設定端子を備えているため、U/V/W相のパルス変調(PWM)を直接入力できる。また、各ゲートに対して個別に信号を入力することで、より柔軟に制御することも可能だ。インバーターの各レッグ専用のセンス端子を持ち、3シャントまたは1シャントでの磁界方向制御用の電流検知の設定を簡略化する。

STSPIN840は、2個のブラシ付きDCモーター、または1個の大型モーター向けのモータードライバーだ。内蔵するフルブリッジを2個の独立したブリッジ、あるいは2つのパワーMOSFETを並列使用することで、低RDS(ON)と高い定格電流を備える1個のブリッジとして構成することができるとしている。

両製品共通で、オフ時間を調整できるPWM電流制御回路や省電力用スタンバイ端子、保護回路などを搭載する。また、内蔵のパワー段には500mΩの低RDS(ON)が特徴の同社独自のパワーMOSFETを採用しており、高効率と低コストを両立するという。

STSPIN830は、FA機器や生活家電、小型ポンプ、コンピューター用ファン、汎用冷却ファンなどに向いており、STSPIN840は、ATMや現金処理機、舞台照明装置、サーマルプリンター、紡績/縫製機器、自動販売機などへのアプリケーションを想定する。

両製品とも現在量産中で、QFNパッケージ(4×4mm)で提供されている。単価は1000個購入時で約1.25ドルとなる。

また、STM32オープンソース開発環境を使った製品評価および試作開発ができるSTM32 Nucleo拡張ボード「X-NUCLEO-IHM16M1」(STSPIN830用)、「X-NUCLEO-IHM15A1」(STSPIN840用)を、各16ドルで提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る