新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソフトバンク、乾電池型IoT製品「MaBeee」Scratch対応デスクトップアプリセット発売

ソフトバンク コマース&サービスは、ノバルスの乾電池型IoT製品「MaBeee」のScratch対応版 「MaBeee-Desktop(Ex)アプリライセンスセットを、2018年9月12日に発売する。

photo

MaBeeeは、スマートフォンなどから乾電池の出力をコントロールすることで、乾電池で動作する各種製品を制御できるようにする製品だ。

今回発売するアプリライセンスセットは、MaBeee本体と、教育向けプログラミングソフトScratchでプログラミング可能なPCアプリケーションをセットにしたものだ。このアプリケーションを使うことで、例えば乾電池で動作するおもちゃや家電製品の速度、光量などを、時間や頻度などによって変化させるようなプログラミングが可能だ。教育用に開発されたScratchにより、直感的な操作でアプリケーションのプログラミングが可能だ。

photo

同社によれば、MaBeeeとScratchの組み合わせにより、現在理科授業の学習要領に盛り込まれている電気/乾電池の学習に加えて、2020年より必須化する方向のプログラミング学習も、同製品を使って分かりやすく身につけることができるという。

photo

PCのOSは、Windows10 Creators update以降/MacOS Sierra以降に対応。アプリはiOSがiPhone4s、iPod touch5以降でiOS8以降、AndroidがAndroid OS Version 4.4以降で、Bluetooth 4.0 LE/Bluetooth Low Energy対応が必要だ。iOSでは10台、Androidでは4台MaBeeeの同時接続ができ、無線通信の最大使用範囲は約10mだ。乾電池は単4乾電池に対応する。価格はオープン価格で、同社サイトで1本入りが4298円、2本入りが7538円(いずれも税込)で予約を受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  8. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  9. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売
  10. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る