新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソフトバンク、乾電池型IoT製品「MaBeee」Scratch対応デスクトップアプリセット発売

ソフトバンク コマース&サービスは、ノバルスの乾電池型IoT製品「MaBeee」のScratch対応版 「MaBeee-Desktop(Ex)アプリライセンスセットを、2018年9月12日に発売する。

photo

MaBeeeは、スマートフォンなどから乾電池の出力をコントロールすることで、乾電池で動作する各種製品を制御できるようにする製品だ。

今回発売するアプリライセンスセットは、MaBeee本体と、教育向けプログラミングソフトScratchでプログラミング可能なPCアプリケーションをセットにしたものだ。このアプリケーションを使うことで、例えば乾電池で動作するおもちゃや家電製品の速度、光量などを、時間や頻度などによって変化させるようなプログラミングが可能だ。教育用に開発されたScratchにより、直感的な操作でアプリケーションのプログラミングが可能だ。

photo

同社によれば、MaBeeeとScratchの組み合わせにより、現在理科授業の学習要領に盛り込まれている電気/乾電池の学習に加えて、2020年より必須化する方向のプログラミング学習も、同製品を使って分かりやすく身につけることができるという。

photo

PCのOSは、Windows10 Creators update以降/MacOS Sierra以降に対応。アプリはiOSがiPhone4s、iPod touch5以降でiOS8以降、AndroidがAndroid OS Version 4.4以降で、Bluetooth 4.0 LE/Bluetooth Low Energy対応が必要だ。iOSでは10台、Androidでは4台MaBeeeの同時接続ができ、無線通信の最大使用範囲は約10mだ。乾電池は単4乾電池に対応する。価格はオープン価格で、同社サイトで1本入りが4298円、2本入りが7538円(いずれも税込)で予約を受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る