新しいものづくりがわかるメディア

RSS


技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ

技術評論社は「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」を2018年10月19日に発刊する予定だ。

本書はこれまでの常識を破壊し、自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを、世界的なハードウェアハッキングの第一人者であるアンドリュー“バニー”フアン氏が実体験とともに解説する。

全4部11章構成。深センにおけるビジネスの仕組みや工場への発注方法、知財の考え方、ニセモノ製品の舞台裏、さらにはChumbyやNovena、Chibitronicsなどのハードウェアや、SDカードやマイコンなどのハッキングについても取り上げる。

章を通じて、中国経済が躍進し、日本企業の多くが停滞している理由や、これからイノベーターになるために求められること、社会がイノベーションを育むために求められること、自分の手で成功する製品を作るために必要なこと、などを実体験と知識をもとに書き記している。

巻末の11章には、フアン氏への2本のインタビューも掲載している。

著者はアンドリュー“バニー”フアン氏、訳は高須正和氏、監訳は山形浩生氏。A5判440ページで、本体価格は2380円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  4. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  5. コーヒーや紅茶を美味しく入れる全自動マグカップ「SmartCup」
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. 独BigRep、世界初の3Dプリント電動バイク「NERA」を発表
  8. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  9. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー
  10. XYZプリンティング、金属製PLA2種と専用高硬度エクストルーダー3種発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る