新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IchigoJamを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、「IchigoJam専用 学習リモコン基板」発売へ

ビット・トレード・ワンは、プログラミング教育用の子供パソコンIchigoJam(イチゴジャム)を赤外線学習リモコンとして動作させる「IchigoJam専用 学習リモコン基板」を2018年10月19日に発売する予定だ。

IchigoJam専用 学習リモコン基板は7個のスイッチを搭載し、各スイッチごとに赤外線リモコン信号を基板本体内に記録できる。また、IchigoJamでIoT的な使い方ができる赤外線リモコンシステムを簡単に作成できる。

取り付けは、IchigoJamのI/Oピンに接続するだけ。リモコン基板単体でもリモコン信号の記録や送出が可能だ。各スイッチにあらかじめリモコン信号を記憶させておくと、簡単なコマンドでIchigoJamから各スイッチをコントロールできる。家電製品やエアコンの操作もIchigoJam BASICで操作可能だ。

外部センサーを取り付けられるSENSOR端子と、接続用の6ピンソケットを同梱。各種センサーとの連携で家電をスマート家電にすることもできる。

赤外線発光ダイオードを放射状に9個搭載して、送出範囲を半天球上にサポート。赤外線リモコン信号を広範囲に送出できる。

記憶バッファは、一般的な家電協フォーマット(6バイト)の50倍に相当する1chあたり300バイト×7を採用した。

対応機種は、IchigoJam T/S以降 (初代IchigoJamおよび互換機はPIN形状により非対応)で、外形寸法は20×75×50mm(突起部除く)、重量は約20g、対応赤外線周波数は38kHzだ。付属品はネジセット、ピンソケット、保証書で、ichigojam本体、ケース、ケーブル類は付属しない。IchigoJam本体からは給電しないので、別途USB micro-B端子への給電が必要となる。

価格はオープンで、店頭想定売価は5480円程度(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る