新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イーヴァ、工作物を簡単にロボット化する「のせラジ」を「横浜ガジェットまつり2018」に出展

イーヴァは、工作物を簡単にロボット化することができる「のせラジ」を、2018年11月1日~11日に開催される「横浜ガジェットまつり2018」に出展する。

photo

のせラジは、自分が組み立てた工作物にセットすることによって、スマートフォンやタブレットを通じて、あらかじめプログラミングしたとおりの動作で動かすことができるようになるガジェットだ。Appleのプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」にも対応している。

展示当日は、100円ショップで手に入る安価な材料で作製したアームロボットやロボットカーが、実際にプログラミングによって動作している様子を見ることができる。

会場は2カ所に分かれており、富士ゼロックス R&Dスクエア会場では11月9日の17:00~20:00と10日の11:00~16:00に担当者によるデモ展示、マルイシティ横浜会場 無人ブースでは、11月1日~11日10:30~20:30(最終日18:30まで)の間、無人展示される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る