新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小学生チームが世界一を目指す——ロボット世界大会に出場する「Candy Samurai」を支援するプロジェクトがCAMPFIREに登場

ロボットの世界大会に出場する小学生チーム「Candy Samurai」を応援するプロジェクトが、CAMPFIREにて出資を募っている。

Candy Samuraiは、小学5年生の片岡嗣葉くん、小学4年生の小助川晴大くん、只石倖大くんからなる3名のチームだ。

2018年9月に開催された日本大会決勝で優秀賞を受賞し、同年11月にタイのチェンマイで開催されるLEGO公認の世界ロボット大会WRO(World Robot Olympiad)に参加する。

WRO 2017 コスタリカ国際大会の様子

2017年も世界最年少チームとして世界大会に参加しており、7位入賞を果たしたものの、3点差で3位入賞を逃すという結果に終わっている。

その際、1位チーム(マレーシア)、2位チーム(フィリピン)のロボットの作り込みや工夫、問題調査やプレゼンテーション能力の高さに感銘を受け、2017年に目標として掲げていた「世界大会に出場する」を見直し、「世界大会でトップになる」を2018年の目標としている。

※昨年のチーム名称はFrozenblizzard

Candy Samuraiチームは、世界の課題解決用ロボットを提案するオープンカテゴリー部門に参加する。今年のテーマは「世界の食料問題を解決するロボット」で、日本のフードロス問題と世界の飢餓問題を解決するために、栄養価の高いアメを作るロボットを製作予定だ。

クラウドファンディングで集められた費用は、ロボットを改良するための素材や機材の購入、ブースに設置する大規模ポスターの制作/印刷、およびチェンマイへの往復渡航費に充てられる予定だ。

PDF形式での世界大会レポート(3000円)、大会動画レポートへの名入れ権(1万円)、小学生向けのLEGOを使った体験プログラム(1万2000円)などで出資を募る。

Candy Samuraiチームは、2018年11月29日までクラウドファンディングを実施中。目標額の70万円は既に達成済みで、11月2日の時点で81万円以上を集めている。リターンの発送は2018年12月~2019年1月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る