新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MBC試作ファンド、LoRa方式無線モジュール開発スタートアップに投資

Darma Tech Labsが運営するMakers Boot Campは、「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」の出資先として、IoT向け通信モジュールの開発や販売を手掛けるEASELに投資実行したことを発表した。

EASELは、省電力、低コストで現在IoT向け通信として注目されているLPWA方式の1つであるLoRa方式の無線モジュールの開発や販売を手掛けるスタートアップ。ファブレスメーカーとして、IoT関連コンサルティング、カスタム製品開発など、ワイヤレスネットワーク全般に関わる製品やサービスをワンストップで提供する。

特に同社が手掛けるプライベートLoRaでは、デバイスごとに通信費用やランニングコストが発生しないという利点を生かし、スキー場でのスキー客や登山者の位置把握やSOS信号を受信できるシステムや、介護施設での入居者の位置情報を把握するシステムなどのソリューション開発実績がある。

Makers Boot Campによると、EASELのワイヤレス/ネットワーク化の実績、IoTコア技術の保有、そして今後IoT用無線方式の主流となると予測されるLoRa方式の開発力があることから、今回投資対象としたとのこと。今後もEASELのようなIoTを支える技術を有するスタートアップに投資することで、スタートアップのハードウェア開発のサポートを続けていくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  8. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  9. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売
  10. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る