新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MBC試作ファンド、LoRa方式無線モジュール開発スタートアップに投資

Darma Tech Labsが運営するMakers Boot Campは、「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」の出資先として、IoT向け通信モジュールの開発や販売を手掛けるEASELに投資実行したことを発表した。

EASELは、省電力、低コストで現在IoT向け通信として注目されているLPWA方式の1つであるLoRa方式の無線モジュールの開発や販売を手掛けるスタートアップ。ファブレスメーカーとして、IoT関連コンサルティング、カスタム製品開発など、ワイヤレスネットワーク全般に関わる製品やサービスをワンストップで提供する。

特に同社が手掛けるプライベートLoRaでは、デバイスごとに通信費用やランニングコストが発生しないという利点を生かし、スキー場でのスキー客や登山者の位置把握やSOS信号を受信できるシステムや、介護施設での入居者の位置情報を把握するシステムなどのソリューション開発実績がある。

Makers Boot Campによると、EASELのワイヤレス/ネットワーク化の実績、IoTコア技術の保有、そして今後IoT用無線方式の主流となると予測されるLoRa方式の開発力があることから、今回投資対象としたとのこと。今後もEASELのようなIoTを支える技術を有するスタートアップに投資することで、スタートアップのハードウェア開発のサポートを続けていくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る