新しいものづくりがわかるメディア

RSS


シェルスクリプトマガジンとの連動企画第2弾——ビット・トレード・ワン、「ラズパイセンサーボード」発売へ

ビット・トレード・ワンは、シェルスクリプトマガジンとの連動企画として、「ラズパイセンサーボード」(型番:ADSSMG02)を2018年11月26日に発売する予定だ。

同ボードは、シェルスクリプトマガジンとの連動企画ラズパイ入門ボードの第2弾となる。環境測定に必要な湿温度/気圧センサー(BME280)、明るさセンサー(VCNL4020)、ガスセンサー(TP-401T)など3種類の環境センサーを搭載しており、さまざまな状況を測定可能だ。

また、ガスセンサーなどのアナログセンサー用に、高精度デルタシグマA/Dコンバーターも実装している。さらに、拡張コネクターとしてGroveコネクター×2(アナログセンサー用×1、I2C接続用×1)を搭載している。

単体での利用のほか、ラズパイ入門ボード(ADSSMG01)とのスタック利用を想定して設計されているため、組み合わせての利用を推奨している。

なお、使用説明書は添付されておらず、シェルスクリプトマガジンVol.57以降の特集「オリジナルボードですぐに試せる ラズパイでセンサーを扱う」にて、同ボードを利用した電子部品の制御方法を随時掲載予定だ。

対応機種は、Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B/Raspberry Pi 3 Model B+。寸法は、23×65×71mm(突起部除く)、重量は約25gだ。付属品として保証書のほかに、ネジセット×1が付属する。

組み立て済みのセンサーボード単体(型番:ADSSMG02P)のほか、シェルスクリプトマガジンVol.57との同梱版(型番:ADSSMG02PSSM)も発売を予定している。 価格はオープンで、店頭想定売価はADSSMG02Pが5480円程度、ADSSMG02PSSMが5980円程度(各税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. より良いサーフボードのデザインで地球を救いたいと一企業が考えた理由
  2. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  3. 好みの3Dプリンター自作に——デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」
  4. 1980年代に高校通信教育講座受講者に無償配布された専用ラジカセ「NEC FM SUB/FM AM RADIO CASSETTE TAPE RECORDER RM-380(非売品)」
  5. PCB一体型アンテナ搭載——小型BLEモジュール「NINA-B306/316」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. クラレ、水溶性のMOWIFLEXを使った3Dプリンター用サポートフィラメントを発表
  8. 円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」
  9. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  10. オン・セミコンダクター、IoTアプリ向けのRSL10センサー開発キットを発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る