新しいものづくりがわかるメディア

RSS


シェルスクリプトマガジンとの連動企画——ビット・トレード・ワン、ラズパイ制御の初歩を学べる「ラズパイ入門ボード」発売

ビット・トレード・ワンはシェルスクリプトマガジンとの連動企画として、「ラズパイ入門ボード」(型番:ADSSMG01)を発売する。

同ボードは赤色LED×4、カラーLED×2、押しボタンスイッチ×4、単色有機ELディスプレイ(128×64ドット)、圧電スピーカーなど、Raspberry Piの基本的な制御方法を学べる電子部品を搭載している。

また入門ボードでありながら、拡張用スルーホールや、Groveシステム対応のコネクター×2も搭載。市販のGroveシステムに対応したサーボやセンサー、アクチュエーターを利用できるなど拡張性を活かした設計のため、プロトタイピングにも適している。

ガイドブックとして「Assembly Desk Books Vol.1」を同梱。米田聡氏による解説記事(シェルスクリプトマガジン Vol.52に掲載)の他、キット版にも対応する制作記事の2本立て特集を掲載している。 第1号ではRaspbianのセットアップから各LEDとスイッチの使い方、圧電スピーカーの使い方を解説する。また発刊予定の第2号では、単色有機ELディスプレイへの表示などを解説予定だ。

なお、ソースコードについてはシェルスクリプトマガジンWebサイトにて公開している。

対応機種は、Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B。寸法は20×65×56mm(突起部除く)、重量は約25gだ。付属品としてガイドブック、保証書の他にスペーサー4本、ネジ8本が付属する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る