新しいものづくりがわかるメディア

RSS


凸版印刷、居住者の見守りや健康管理機能を備える「トッパンIoT建材」事業開始

凸版印刷は、建装材に各種センサーなどIoT機器を組み合わせ、居住者の見守りや健康管理など社会課題解決に貢献する建装材を提供する「トッパンIoT建材」事業に着手する。

photo

トッパンIoT建材事業の製品化第1弾として、床材と圧力センサーを組み合わせ、位置検出を可能とする「ロケーションフロア」を開発した。2018年12月より、不動産事業者、住宅メーカー、医療、介護業界、自治体などに向けて、本格的な販売を開始する。

位置情報を測定するセンサーは床材と一体化しており、踏んだ感触も通常の床材と変わらないため、従来見守りサービスで主に使われているカメラや赤外線センサーと比較してより自然に、ストレスフリーな見守り機能だ。

この特長が最大限活かせる場として、脱衣場やトイレなど、ヒートショックが起きやすいプライベート空間での活用が可能だ。センサーが踏まれた圧力で自己発電するため、居住者は日常生活の中で床を歩くだけで、位置情報をクラウドサーバに発信できる。この環境発電により配線工事が不要で、通常の床材と同様の施工が可能だ。新規物件だけでなく、リノベーションなどの用途でも使用できる。

ロケーションフロアの価格は約25万円~(脱衣場やトイレなどプライベート空間での見守りが可能な床材一式、システム構築費などは別途見積)だ。

今後、体重や体脂肪率などの身体情報を取得する体組成計を組み込んだ床材や、生活情報や地域情報などを受信し表示するディスプレイと化粧シートを組み合わせた壁材など、トッパンIoT建材の開発を進めてラインアップを強化し、IoT建材事業全体で、2025年までに約100億円の売上を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る