新しいものづくりがわかるメディア

RSS


凸版印刷、居住者の見守りや健康管理機能を備える「トッパンIoT建材」事業開始

凸版印刷は、建装材に各種センサーなどIoT機器を組み合わせ、居住者の見守りや健康管理など社会課題解決に貢献する建装材を提供する「トッパンIoT建材」事業に着手する。

photo

トッパンIoT建材事業の製品化第1弾として、床材と圧力センサーを組み合わせ、位置検出を可能とする「ロケーションフロア」を開発した。2018年12月より、不動産事業者、住宅メーカー、医療、介護業界、自治体などに向けて、本格的な販売を開始する。

位置情報を測定するセンサーは床材と一体化しており、踏んだ感触も通常の床材と変わらないため、従来見守りサービスで主に使われているカメラや赤外線センサーと比較してより自然に、ストレスフリーな見守り機能だ。

この特長が最大限活かせる場として、脱衣場やトイレなど、ヒートショックが起きやすいプライベート空間での活用が可能だ。センサーが踏まれた圧力で自己発電するため、居住者は日常生活の中で床を歩くだけで、位置情報をクラウドサーバに発信できる。この環境発電により配線工事が不要で、通常の床材と同様の施工が可能だ。新規物件だけでなく、リノベーションなどの用途でも使用できる。

ロケーションフロアの価格は約25万円~(脱衣場やトイレなどプライベート空間での見守りが可能な床材一式、システム構築費などは別途見積)だ。

今後、体重や体脂肪率などの身体情報を取得する体組成計を組み込んだ床材や、生活情報や地域情報などを受信し表示するディスプレイと化粧シートを組み合わせた壁材など、トッパンIoT建材の開発を進めてラインアップを強化し、IoT建材事業全体で、2025年までに約100億円の売上を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る