新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キヤノン、SLM方式3Dプリンター向けアルミナ系セラミックス素材と部品作製技術を開発

キヤノンは、SLM(選択的レーザー溶融)方式3Dプリンター向けに、複雑な形状のセラミックス部品を高精度に作製できるアルミナ系セラミックス材料と、部品作製技術を開発したと発表した。

photo

同社によると、光造形(SLA)方式などの3Dプリンターを使い、セラミックス材料を造形しようとする場合、造形後の焼成工程でレジンに収縮が生じ、高精度の部品作製が難しいという。

今回同社は、金属素材の造形に多く用いられている選択的レーザー溶融方式3Dプリンター向けに、アルミナ系セラミックス材料と部品作製技術を開発。これにより、中空構造や多孔質構造などの、通常の金型成形や切削加工が難しい複雑な形状のセラミックス部品の造形を可能にした。

photo

この方法でセラミックス部品を作製した場合、例えば六角形の空孔を持つ直径約19mmのハニカム形状部品の焼成工程前後の外形寸法変化を、0.8%未満に抑えることができるという。

同社は、電気炉などの耐熱性、絶縁性を要する部品や、薬品に対する耐食性が求められる部品などの産業分野での活用を見込んでいる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る