新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キヤノン、SLM方式3Dプリンター向けアルミナ系セラミックス素材と部品作製技術を開発

キヤノンは、SLM(選択的レーザー溶融)方式3Dプリンター向けに、複雑な形状のセラミックス部品を高精度に作製できるアルミナ系セラミックス材料と、部品作製技術を開発したと発表した。

photo

同社によると、光造形(SLA)方式などの3Dプリンターを使い、セラミックス材料を造形しようとする場合、造形後の焼成工程でレジンに収縮が生じ、高精度の部品作製が難しいという。

今回同社は、金属素材の造形に多く用いられている選択的レーザー溶融方式3Dプリンター向けに、アルミナ系セラミックス材料と部品作製技術を開発。これにより、中空構造や多孔質構造などの、通常の金型成形や切削加工が難しい複雑な形状のセラミックス部品の造形を可能にした。

photo

この方法でセラミックス部品を作製した場合、例えば六角形の空孔を持つ直径約19mmのハニカム形状部品の焼成工程前後の外形寸法変化を、0.8%未満に抑えることができるという。

同社は、電気炉などの耐熱性、絶縁性を要する部品や、薬品に対する耐食性が求められる部品などの産業分野での活用を見込んでいる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る