新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キヤノン、SLM方式3Dプリンター向けアルミナ系セラミックス素材と部品作製技術を開発

キヤノンは、SLM(選択的レーザー溶融)方式3Dプリンター向けに、複雑な形状のセラミックス部品を高精度に作製できるアルミナ系セラミックス材料と、部品作製技術を開発したと発表した。

photo

同社によると、光造形(SLA)方式などの3Dプリンターを使い、セラミックス材料を造形しようとする場合、造形後の焼成工程でレジンに収縮が生じ、高精度の部品作製が難しいという。

今回同社は、金属素材の造形に多く用いられている選択的レーザー溶融方式3Dプリンター向けに、アルミナ系セラミックス材料と部品作製技術を開発。これにより、中空構造や多孔質構造などの、通常の金型成形や切削加工が難しい複雑な形状のセラミックス部品の造形を可能にした。

photo

この方法でセラミックス部品を作製した場合、例えば六角形の空孔を持つ直径約19mmのハニカム形状部品の焼成工程前後の外形寸法変化を、0.8%未満に抑えることができるという。

同社は、電気炉などの耐熱性、絶縁性を要する部品や、薬品に対する耐食性が求められる部品などの産業分野での活用を見込んでいる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る