新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コインサイズに7種のセンサー——STマイクロ、BLE対応オールインワンIoT端末開発ボード「BlueNRG-Tile」発表

STマイクロエレクトロニクスは、BLE対応オールインワン型IoT端末開発ボード「BlueNRG-Tile」を発表した。

photo

BlueNRG-Tileは、同社のBluetooth Low Energy 5.0シングルモードSoC「BlueNRG-2」を中心に、加速度センサーやジャイロセンサー、地磁気センサー、大気圧センサー、温湿度センサー、ToF測距センサー(FlightSense)、およびMEMSマイクロフォンなどの超低消費電力センサーを、25mmの小型基板に実装している。

BlueNRG-2は、Arm Cortex-M0プロセッサと最大256KBのフラッシュメモリーを内蔵し、最大約3万台の複数ノードが接続可能なBluetoothメッシュネットワークに対応する。また、スリープ時の消費電力を900nAまで、システム全体のスタンバイ電流を25μAまで抑制できる低電力設計だ。

IoT端末やネットワークノードを構築する際に必要なBlueNRG-Meshネットワークライブラリ、9軸センサーフュージョンやイベント検出などのMEMSセンサーアルゴリズム、Voice-over-BLE(Bluetooth Low Energy での音声ストリーミング)のコードなどのサンプルソースコードを含むソフトウェア開発キットが用意されている。

photo

BlueNRG-Tile(STEVAL-BCN002V1)およびBlueNRG-Tileのプログラム/デバッグ用のプログラミングボード(STEVAL-BCN002V1D)を含む開発キット(STEVAL-BCN002V1B)は現在サンプル出荷中で、開発キットの価格は約50ドル。無償SDKも含まれている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る