新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界を目指せ——初心者向け自律型ロボットコンテンスト「アフレルスプリングカップ2019」開催

レゴマインドストーム「EV3」、「TETRIX」を使った自律型ロボットコンテンスト「アフレルスプリングカップ2019」の開催が決定した。

アフレルスプリングカップ2019は、主にEV3を使い始めた初心者が力試しできる大会で、WRO(World Robot Olympiad)の出場を目指す競技者を応援するため、2014年にスタートした。今年で6回目の開催となり、WRO競技を簡易にした競技内容になっているのが特徴だ。

コンテンストは東京と大阪の2カ所で開催。東京大会は2019年3月26日 東京都の大田区総合体育館メインアリーナで、大阪大会は同年3月28日、大阪市北区の大阪工業大学梅田キャンパスで行われる。

募集部門は、小学生、中学生、高校生のそれぞれミドル部門とエキスパート部門、および高校、専門学校、大学、高専などを対象としたARCミドル部門の計7部門となる。

ARCミドル部門以外の各ミドル部門は、WRO Japan2018ミドル競技を参考にした競技内容だ。各エキスパート部門は、WRO Japan2018レギュラーカテゴリー部門のルールを簡易化したもので、ミドル部門の経験者向けの内容だ。ARCミドル部門は、WRO Japan2018アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ(ARC)ミドル部門と同じ内容だ。

申込受付は2019年2月15日まで。選手2~3名と20歳以上のコーチ1名のチーム構成で参加することが条件で、1名あたり参加費3000円(税抜)が必要となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る