新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界を目指せ——初心者向け自律型ロボットコンテンスト「アフレルスプリングカップ2019」開催

レゴマインドストーム「EV3」、「TETRIX」を使った自律型ロボットコンテンスト「アフレルスプリングカップ2019」の開催が決定した。

アフレルスプリングカップ2019は、主にEV3を使い始めた初心者が力試しできる大会で、WRO(World Robot Olympiad)の出場を目指す競技者を応援するため、2014年にスタートした。今年で6回目の開催となり、WRO競技を簡易にした競技内容になっているのが特徴だ。

コンテンストは東京と大阪の2カ所で開催。東京大会は2019年3月26日 東京都の大田区総合体育館メインアリーナで、大阪大会は同年3月28日、大阪市北区の大阪工業大学梅田キャンパスで行われる。

募集部門は、小学生、中学生、高校生のそれぞれミドル部門とエキスパート部門、および高校、専門学校、大学、高専などを対象としたARCミドル部門の計7部門となる。

ARCミドル部門以外の各ミドル部門は、WRO Japan2018ミドル競技を参考にした競技内容だ。各エキスパート部門は、WRO Japan2018レギュラーカテゴリー部門のルールを簡易化したもので、ミドル部門の経験者向けの内容だ。ARCミドル部門は、WRO Japan2018アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ(ARC)ミドル部門と同じ内容だ。

申込受付は2019年2月15日まで。選手2~3名と20歳以上のコーチ1名のチーム構成で参加することが条件で、1名あたり参加費3000円(税抜)が必要となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  3. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  4. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  5. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」
  6. 造形エリア500×500×500mm——CNCマシンにもなるFFF方式3Dプリンター「Xcustom Maker 3 L 5050」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  9. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る